Welcome to my blog

『ベイトブレス/湾ベイト』

ばんぱく

ばんぱく

今回紹介するのは、今更ながらといった感のあるブレードバイブの定番ルアー

               BBWB1.jpg
               
『ベイトブレス/湾ベイト』

であります

『正直ブレードバイブはコイツしかいらん』という方も多いのではないでしょうか?

現在15、29、40グラムの計三種類が存在しますが(厳密に言うと29グラムモデルのみ、生産時期によって微妙にウェイトやフォルムが異なる、3つのモデルが存在するらしい)、シーバスゲームで一番使いやすいのは、やはりフルレンジに対応した29グラムモデルでしょうか

               BBWB2.jpg

シーバスルアーの中では、後発組であるブレードバイブにおいて、爆発的に売れたルアーだけのことはあり、様々なチューニング方法が編み出されましたが、一番有名なのはやはり『ダブルフックアシストフックチューン』『アワビ貼りチューン』ですかね

あとマニアックなチューニングとなると、『ボディ先端に小さなネジを埋め込み、ボトム感知能力を上げるチューン』『ブレードを他メーカーの物に付け変え、巻き心地や水流感知能力を上げるチューン』などもありますね

ボディ素材が鉛のため、強度がなく、穴撃ちなどに使うと直ぐに塗装・ボディ共にボロボロになりがちですが、それでもシーバスが釣れてくるところを見ると、とりあえずブレードのフラッシング効果さえ維持できていれば、あまり問題ないみたいです

               BBWB3.jpg

発売当初は『ゴールドブレード』のみしか存在しなかったのですが、現在は『シルバー』『ガンメタ』ホログラムとバリエーションが増えたようです。日中や澄み潮時はやはり『シルバー』ホログラムの方が有利ですからね

               BBWB4.jpg

とにかくレンジキープ力が素晴らしく、日中のディープエリア攻略には欠かせない感のあるルアーの一つです

欠点と言えば、『バラシ・テーリングが多い』『ワンフック故にフッキング率が良くない』『魚のスレを誘発しやすい』点でしょうか(もっともこれはブレードバイブ全般に言えることですが)

湾ベイト ベイトブレス ブレードバイブ

関連記事
最終更新日-0001-11-30
Posted byばんぱく

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply