Welcome to my blog

『シマノ/JM‐95NSP&95ASP』

ばんぱく

ばんぱく

その道のプロからは高い評価を受けるものの、一般ユーザーからは評価されず、姿を消していくルアーはそれこそ星の数ほどある訳ですが、コイツもそんなルアーの中の一つ

               JM95SP1.jpg

『シマノ/JM‐95NSP&95ASP』

知る人ぞ知るシマノの隠れた名作であり、かの『バーニー・シュルツ』に、『コイツはラトリンログやロングAと並ぶ、とんでもないミノーだ』と言わしめた、いわばある意味、全米バスプロ御墨付きの国産ジャークミノーであります(因みに海外での実釣テストの際、実績のある『ラトリンログ』『ロングA』を使う村田基氏を横目に、バーニーは敢えてコイツのみを使い、村田基氏を散々釣り負かしたそうです)

確か国内のテスト釣行でも、シマノの開発スタッフが池原ダムで60アップのバスを釣り上げ、当時話題になりましたね

               JM95SP2.jpg

いわゆるスリムボディタイプのサスペンドジャークミノー(但し、外見は敢えてリアル指向から少しかけ離れたデザイン)で、タイトローリングアクションに特化した『N』と、ワイドウォブリングアクションと内蔵ラトルによるアピール力に特化した『A』が存在し(微妙にリップ形状や大きさ、取り付け角度も違ったりします)、それぞれに57ミリ、95ミリ、110ミリの3つのサイズバリエーションがあります

更にロングビルモデルの『DM‐95N』も存在するのですが、こちらは一般的な重心移動システムを搭載した、取り立ててこれといった特徴のない、至ってフツーのロングビルミノーに成り下がってしまっています

               JM95SP3.jpg

本来であれば、『N』の方がナチュラル指向の設計になっているハズなのですが、実際にルアーを持って振ってみると、アピール力重視の『A』よりも、ウェイト部分が奏でるラトル音がかなり喧しく(『ラパラ/ハスキージャーク』と同タイプのウェイト方式を採用)、アクション以外は寧ろ『N』の方がアピール力が強いような気がします

               JM95SP4.jpg

どちらのモデルもタダ巻きだと、平凡な動きのミノープラグですが、一旦ジャークやトゥイッチを交えると、予測できないイレギュラーなアクションで魚を魅了します。この辺は元祖ジャークミノーである『ラトリンログ』と同じですね
流石はあの『バーニー・シュルツ』が、シマノの開発スタッフに『これは君たちが思っている以上に良いミノーだ』と誉めただけの事はあります。固定重心故に飛距離が出ないのが残念ですが、ジャークミノーとしてのアクションを追求すると、どうしても固定重心にせざる得なかったのでしょう

でも中古ルアー市場での評価は大抵低く、大体200~300円くらいで売られている事が多い、不遇のルアーです(泣)

JM‐95NSP JM‐95ASP シマノ 国産ジャークミノー

関連記事
最終更新日-0001-11-30
Posted byばんぱく

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply