Welcome to my blog

『ストーム/ウィグルワート(現行モデル)』

ばんぱく

ばんぱく

アメリカンクランクベイトの定番モデルの一つ

             NWW1.jpg
                                                            
『ストーム/ウィグルワート』

とは言っても、ラパラ傘下になって、ある意味ダメダメになってしまったウィグルワート(現行モデル)の方ですが(泣)

ストームのトレードマークである独特のアイ(眼)は健在であるものの、樹脂素材が何だか安っぽいものに変わり、リップがボディとの一体成型ではなく、後付け方式に変わってしまいました

             NWW2.jpg

でも案の定、コアなストームフリークに総スカンを喰らってしまい(要するに売れなかったらしい)、現在ではめでたくオリジナルモデルも復活しているようです

やはり生産性のみを追求したルアーはアカンといういい例ですね(反面、工作精度などは昔に比べて上がっているのですが)

             NWW3.jpg

ストームがラパラ傘下になった影響なのか、現行品はオリジナルにあったイレギュラーなアクションがなく、如何にもラパラらしい安定した動きの無難なクランクベイトになっちゃってます

ウーン、あの『千鳥足アクション』がある意味、ウィグルワートの持ち味だったのに

これだったら、何もストームでなくてもラパラのクランクベイトでもいい訳で。そりゃコアなユーザーにソッポ向かれる訳ですわ

『じゃあ使いものにならないの?』と問われれば、そんなことはありません。ただ現行モデルを使うのであれば、他メーカーの同種のクランクベイトでも充分じゃないかなぁという気はします

             NWW4.jpg

画像のブツはもちろん中古ショップで購入したもの。お値段は税込み210円でした

ところで『ウィグルワート』って、『ウィグル』『ウイグル』の2つの表記があるのですが、どちらが正しいんですかね?アクションの『ウィグリング』から来ている名称なら『ウィグルワート』ですかねー

ウィグルワート ストーム 現行モデル ラパラ

関連記事
最終更新日-0001-11-30
Posted byばんぱく

Comments 2

There are no comments yet.
FishingJunkie  

ストームにしてもバグリーにしてもそうですが、どうして別モノなのに名前を変えないのか……日本人としては不思議で仕方がありません(笑)
同じ名前のルアーだからこそ、余計売れない気がしますけどねぇ。

数年前に「ビッグO」が出たときも、かなり興味があって、いつも店で悩みつつ、結局買いませんでした。
動きは一緒なのかなぁ……。見た感じは一緒に見えるけど、オリジナルの実物を見たことがないので……。

2009/10/15 (Thu) 20:57 | EDIT | REPLY |   
釣りキチ万博  

FishingJunkieさん、こんばんは。コメントありがとうございます

> ストームにしてもバグリーにしてもそうですが、どうして別モノなのに名前を変えないのか……日本人としては不思議で仕方がありません(笑)

『昔の名前で出ています』ではありませんが、おそらく昔から
有名な売れ線ルアーの名前で売り出した方が、商売になると
思っているのでしょうね

> 数年前に「ビッグO」が出たときも、かなり興味があって、いつも店で悩みつつ、結局買いませんでした。

「ビッグO」ですが、全長150mm・2ozのものが、オーストラリアの
『キラルアー』というメーカーから、リメイクして発売されたようですよ

2009/10/16 (Fri) 21:16 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply