Welcome to my blog

ブログランキングポータルサイト

ばんぱく

ばんぱく

お盆休みも終わり、8月もいよいよ後半戦。個人的に正に『髀肉の嘆(ひにくのたん)』的な日々を過ごしている今日この頃、皆様如何お過ごしでしょうか?

ここ二日間、当ブログのアクセス数が普段より急に上がっているのですが、何かあったんでしょうか?特にアクセス数が上がるような事を行った覚えはないのですが…

さて、お気づきの方もいるかと思いますが、今月頭から新しいブログランキングポータルサイトに参加しております


blogram投票ボタン blogram投票ボタン blogram投票ボタン

一つは『blogram.jp(http://blogram.jp/)』という『成分解析サービス』なる機能を搭載した、新感覚ブログランキングポータルサイト

『成分解析サービス』というものが如何なるものかと言うと、要するに一般的なブログランキングサービスに加えて、アクセス解析機能を追加したようなもの
いわゆるデイリーブログランキングやページアクセス数表示の他、解析機能によるブログの見所や詳細の解説、及びランクアップするためのアドバイスなどを行ってくれます
また『エコー』という、最新エントリー記事から特徴的なワードを見つけて、そのワードでつながる別のブログを教えくれるという、ちょっと変わった機能があり、他のブロガーさんとのコミュニケーションに一役買っています

どうやらまだ開始して間もないブログランキングポータルサイトのようなのですが、独自の『成分解析サービス』が効を奏しているのか、順調に利用者数を伸ばしているようです


GyoNetBlog ランキングバナーGyoNetBlog ランキングバナーGyoNetBlog ランキングバナー

もう一つは『GyoNet-Blog(http://www.gyonet.jp/)』という釣りに特化した、釣り専門ブログポータルサイト
デイリーブログランキング機能に加え、『釣りウィキ』という釣り版ウィキペディアや『全国の釣り情報』、『釣りニューストピックス』といった内容で構成されています

こちらは『blogram.jp』以上に出来立てホヤホヤのブログポータルサイトらしく、釣りという特定のジャンルに特化していることもあって、利用者数自体がまだ少なく、手探り状態でサイト運営をしている感が正直拭えませんが、運営スタッフの方々がやる気に満ちており、ユーザーの意見や要望に対する対応も比較的早いため、今後の展開に期待したいところです(こういう特定のジャンルに特化したサイトは、『ライトユーザー向けの広く浅い内容による運営メイン』にして行くか、『ヘビーユーザー向けのコアかつディープな内容による運営メイン』にして行くか、判断が難しいところですね)

blogram.jp GyoNet-Blog ブログランキングポータルサイト

関連記事
最終更新日-0001-11-30
Posted byばんぱく

Comments 2

There are no comments yet.
benkei  

ランキングサイトでGyoNetさんは、ついったーという武器を上手につかって
運営側とブロガーを深夜ラジオ番組のパーソナリティーとリスナーとの関係
に例えるとしっくりくるかもしれません。

元々深夜ラジオ番組の作り込み方って、リスナーをマニアにしていく
手法を用いますので、みなさん最初はライトユーザーなのですが、
作り手側の色々なスイッチによって、ユーザーが共感したりなんかして
マニアっていきます。

その辺の作り手の考え方や、方向性・日常の苦労何かは、「ハケンCD」
ってなっているんだなーって考える次第なんです。

日本ブログ村さんみたいに確実にアクセス数が伸びていく仕組みと、
GyoNetさんの「ついったー」みたいな運営の顔が見えたりするところが
上手く組み合わされば、今あるブログランキングサイトで最高になるって感じます。
GyoNetさんに期待ですね。

2009/08/18 (Tue) 09:30 | EDIT | REPLY |   
釣りキチ万博  

benkeiさん、こんにちは。コメントありがとうございます

> ランキングサイトでGyoNetさんは、Twitterという武器を上手につかって
> 運営側とブロガーを深夜ラジオ番組のパーソナリティーとリスナーとの関係
> に例えるとしっくりくるかもしれません。

benkeiさん、上手い事を言いますねー。確かにGyoNetさんの新たな試みは、深夜ラジオ番組のパーソナリティーとリスナーとの関係に似ているかもしれませんね

ただ、某深夜ラジオ番組でも言っていたかと思うのですが、Podcastを利用するには、リスナーにインターネット環境が必須なように、Twitterを使うには、ユーザー側もTwitterに登録していないといけないという事なんですよね(因みにTwitterの国内普及率は、今のところかなり微妙なライン(;・∀・))。この辺が双方向メディアの運営の難しいところですよね

まあ、Twitter日本語版のサービス提供も始まって1年そこそこですし、これからのコミュニケーション・サービスだと思うのですが。果たしてTwitterは、ブログサービス並みに、日本で普及するのでしょうか?(何かセカンドライフの二の舞になるような気も…)

2009/08/18 (Tue) 14:13 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply