Welcome to my blog

機甲創世記モスピーダ

ばんぱく

ばんぱく

放送開始当初は『ポスト・マクロス』なんて言われて、結構期待されていたけど、色々な不幸が重なって、最後は週刊少年ジャンプの打ち切り作品みたいに、かなりグダグダな展開で終わったリアルロボット系アニメ

個人的には、地球側のメカニックのデザインが合理的かつカッコ良くて、それなりに期待していたんですけどね

あ、タイトルの『機甲創世記モスピーダ』とは、主人公たちが乗っている、バイクが変形してパワードスーツみたいになるメカの事

この他にも『マクロス』のバルキリーみたいに、ロボットに変形する可変戦闘機(レギオス)が登場します

キャラクターデザインは当時イラストレーターとして、徐々に頭角を表していた、『タイムボカンシリーズ』『ファイナルファンタジーシリーズ』で有名な天野喜孝氏が担当

ストーリーは、既に地球が異星人に侵略されている状態から始まって、月や火星に逃げていた人類が『第2次降下作戦』を開始するところから始まったような気が



作品的には、見事にコケてしまった本作だけど、オープニング曲とエンディング曲が何と言っても秀逸で素晴らしい



カラオケに行くと未だに歌ってしまうくらい、心に残る名曲です

まあ、この時代のリアルロボット作品の曲は、総じて粒揃いなんですけどね

機甲創世記モスピーダ ポスト・マクロス 懐かしのアニメ

関連記事
最終更新日2018-07-07
Posted byばんぱく

Comments 4

There are no comments yet.
Dab  

当はボトムズもマクロスもガリアンも
ブライガー・バクシンガー・サスライガーのJ9ネタも、
ザブングルやゴールドライタンも書き込みたかったんですが、
あえてここへ(笑)。

OP、ED共に神がかっていますね。
ご存知だと思いますが、
OPはあのゴダイゴのタケカワユキヒデでした。
ストーリーは確かにグダグダ感は否めず、
一体誰が主人公かハッキリしないところもあったりしたんですが、
今、改めて一気に通して見るとこれがなかなかどうして。
(見たんかい、オレ。笑)
当時見た印象と違って、バトルシーンよりも
ヒューマンドラマのほうが強く感じましたね。
これはボク自身が歳を重ねたこととおおいに関係あるでしょう(笑)。

あ、どうでもいいことなんですが
ボトムズはTV LD-BOX、OAV LD-BOXが
未だ我が家に鎮座しているのでたまに見返したりしてます。
他にもたくさんあるんですが、LDは処分してもタダ同然(苦笑)。
だったら普通に見れるもんはとっておいてもいいかな、と。
半分あきらめに近いです、ハイ。

2009/06/11 (Thu) 01:04 | EDIT | REPLY |   
釣りキチ万博  

>当はボトムズもマクロスもガリアンもブライガー・バクシンガー・サスライガーのJ9ネタも、ザブングルやゴールドライタンも書き込みたかったんですが、あえてここへ(笑)。

熱意溢れるコメント、ありがとうございます(笑)

>当時見た印象と違って、バトルシーンよりもヒューマンドラマのほうが強く感じましたね。

どちらかというと「ロードムービー」的内容の作品でしたからね。作品の根底に流れるテーマも「生命の進化」という少々小難しいものでしたし

>他にもたくさんあるんですが、LDは処分してもタダ同然(苦笑)。

これは当時LDソフトを購入したすべての人が多かれ少なかれ思っていることだと思います(笑)

2009/06/11 (Thu) 08:09 | EDIT | REPLY |   
ブヒ  

モスピーダねぇ…つまんねぇアニメやった記憶あり ただ老兵たちのポルカは、唯一おもしろかった記憶あり。あらかた27年前なので、記憶の風化が…

2009/06/13 (Sat) 22:04 | EDIT | REPLY |   
釣りキチ万博  

ブヒさん、こんばんは

どちらかというとメカや戦闘よりも、道中の人間ドラマ
に重点が置かれた作品でしたからね。主人公たちも軍人
ではなく、一部を除いては民間人でしたし

2009/06/13 (Sat) 22:44 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply