二極化

ばんぱく

ばんぱく

世界同時不況の影響なのか、ここ最近国産ルアータックルの世界も、ますます二極化が進んでいるようで

『コアユーザー向けの尖った性能を持つ高価なハイエンドモデル』『初心者向けのお手頃価格のエントリーモデル』に大きく分かれるようです

ただ昔のように『安かろう悪かろう』ではなく、エントリーモデルであっても、しっかりとしたパーツやコスメを採用した一定水準の性能を持つ物が最近増えてきているようです(特にロッドはその傾向が強いように思われます。もはや『SICガイド採用』は国産メーカーでは、当然のようですし)

不景気な時代だけに、それだけユーザーの商品を見る目が厳しくなっているのでしょうね

『高くていい物は当たり前。安くても当然いい物でなくっちゃ』

ということなのでしょう。これが予算の限られているお父さんアングラーやビギナーアングラーなら尚更ですわな

でも、釣りの新規参入者を増やすという意味では、いい傾向じゃないですかね

特に今年はエントリーモデルロッドに関しては、ダイワバレーヒルが頑張っているようです

二極化 ハイエンドモデル エントリーモデル
関連記事
最終更新日-0001-11-30
Posted byばんぱく

Comments 2

There are no comments yet.
__masa__  

こんばんは~
以前はエントリーロッドも結構な値段でしたよね
最近では結構見た目もナイスなものが増えてきて
良い時代になったと素直に感じますね。

2009/06/08 (Mon) 22:47 | EDIT | REPLY |   
釣りキチ万博  

masaさん、こんばんは

本当にいいものが安く買えるようになりましたね
バレーヒルの『BUZZTRIKS』という2ピースバスロッド
シリーズはフジのSICガイド/ステンレスフレーム、
ACSシート/VSSシート採用で希望小売価格が
税込みで1万円以下ですからね
ちょっと驚きですv-405

2009/06/08 (Mon) 23:19 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply