フィッシンググローブ

ばんぱく

ばんぱく

ブログ仲間のケンケイパパさんの記事に感化されて(笑)、自分もフィッシンググローブネタを取り上げてみました

因みに自分はシーズン問わず、ルアーフィッシングをプレイする場合には、フィッシンググローブを付けてプレイしています(特にシーバス)

理由は3つ

1つ目は、自分は手の皮がおなご並みに非常にデリケート(笑)なため、グローブなしで長時間ルアーキャストを続けていると、リールフットやロッドと擦れて、持っている手や指の皮が剥けてしまうため、それを防ぐため

2つ目は、転倒時の怪我防止。自分もグローブを付けずに釣りをしていた際に転倒しそうになり、思わず手をついて、怪我をしてしまったことがあるので

3つ目は、ハンドランディング時の怪我防止。一度試してみれば分かりますが、グローブなしで何匹も大きなシーバスをハンドランディングすると、親指の付け根の皮膚を歯でボロボロにされます

自分が使用しているフィッシンググローブは、以下の二種類

            20090530184313.jpg

晩春から初秋にかけては、ナイロン素材の薄手のフィッシンググローブ
大手釣り具量販店で売られていたノーブランド品の安物で、指の腹及び手のひらの部分が滑り止めのゴム素材で裏打ちされており、グリップ力抜群です

            20090530184329.jpg


            20090530184346.jpg

そして晩秋から初春にかけては、防寒を兼ねてのネオプレーン製フィッシンググローブ
こちらは大森の『キャスターハウス』で入手したノーブランド品(『ネプチューン』という商品名?と思われるネームロゴ有り)

            20090530184338.jpg
    
因みに右手と左手にそれぞれ『関西シーバス研究所』『久保所長』『藤沢所員』のサイン入り(2005年の東京釣り博でご本人たちを捕まえて、わざわざサインしていただきました。『藤沢所員』のサインには、ご丁寧に『クルクル』の姿が確認できます)

            20090530184321.jpg

お二人の御利益?のおかげか、このグローブをしている時は不思議とボウズを免れることが多いです

フィッシンググローブ シーズン別 関西シーバス研究所

関連記事
最終更新日-0001-11-30
Posted byばんぱく

Comments 2

There are no comments yet.
ケンケイパパ  

釣りネタで安心しました。(笑)

で、フィッシンググローブって侮れないですよね。
これのおかげで、ケガをしなかったであるとか、ケガが小さくすむということも、少なくないと思いますよ。
足場がいいところばかりではないですからね。
お互い、ケガの無いよう楽しみましょね!

2009/05/31 (Sun) 04:09 | EDIT | REPLY |   
釣りキチ万博  

ケンケイパパさん、こんにちは

防波堤や磯での釣りの場合は、フィッシンググローブは怪我防止のためにも必須ですね
自分は一度素手で痛い目を見ているので、釣行の際のグローブは欠かせません

2009/06/01 (Mon) 11:22 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply