Welcome to my blog

続・装甲騎兵ボトムズ

ばんぱく

ばんぱく

戦争というものを『機動戦士ガンダム』とは、また違う視点から描いた1980年代のロボットアニメ(というよりもSF戦記物)の名作『装甲騎兵ボトムズ』



『機動戦士ガンダム』よりミリタリー色が強く、ハード指向なそのストーリーは多くのファンの心を捉え、今までに総集編六本に続編五本(『ザ・ラストレッドショルダー』、『ビッグバトル』、『レッドショルダードキュメント 野望のルーツ』、『赫奕たる異端』、『ペールゼン・ファイルズ』に外伝二作(『機甲猟兵メロウリンク(OVA)』、『青の騎士ベルゼルガ物語(小説)』)が作られ、今年に入っても新作劇場版が公開されているほど、未だにその人気は根強い



この『装甲騎兵ボトムズ』の世界観を語る上でなくてはならないのが、ジャズをベースとした独特の曲風でボトムズの世界観を支えてきた音楽担当の『乾裕樹』氏

ところがこの『乾裕樹』氏が2003年に亡くなってしまったため、最新作の『ペールゼン・ファイルズ』は今までと曲調が大幅に変わってしまい、昔からのボトムズファンを大いに落胆させた。あとATのみが3DCGで、それにセル画を合成した映像となっているため、戦闘シーンのみ変に安っぽい印象を与える作品となっている(特に雪上戦シーン)



如何に『乾裕樹』氏の曲が、この作品にマッチしていたのかを物語る話である。また何でもかんでも3DCGにすればいいということではない良い例だろう

とにかくひたすら重厚な内容のストーリー構成のため、正直爽快感はなく、見る人を選ぶ作品ではあるが、昨今の登場人物がすべて若い美男美女ばかりの軟弱なストーリーのロボットアニメに飽き飽きしている方にこそ、一度見てほしい作品である

装甲騎兵ボトムズ 高橋良輔 乾裕樹 日本サンライズ 炎のさだめ いつもあなたが 鉄のララバイ
関連記事
最終更新日2018-07-13
Posted byばんぱく

Comments 4

There are no comments yet.
papakid1091  

 お初です。おはようございます。

 ボトムズですかぁ~オイラも好きでかなりレンタルしてみました。

 ガンダムのモビルスーツは現実身が乏しいですが、ボトムズのATならもしかしたら作られるのではないかと思えるほど、現実身があります。

 外伝のメロウリンクも完成度の高いアニメだと思いました。
初作をレンタルしたら面白かったので、次に全て借りて部屋に篭ってビデオを見たことが思いだされます。

2009/05/27 (Wed) 07:15 | EDIT | REPLY |   
釣りキチ万博  

papakid1091さん、はじめまして
初コメントありがとうございます
ボトムズのATは正に『人型戦車』ですからね
大きさも3~4mですから、MSよりは現実味
がありますね
『機甲猟兵メロウリンク』は主人公がロボットに
乗らない分、ボトムズよりリアリティがあるかも
知れません
papakid1091さんのブログ、拝見しました
リンクさせていただきたいのですがよろしいですか?

2009/05/27 (Wed) 22:29 | EDIT | REPLY |   
papakid1091  

こんばんは!

 リンクの件ですが、どうぞ!よろしくお願いします。
勝手にやっても全く問題ありません。むしろ大歓迎です。

2009/05/29 (Fri) 23:48 | EDIT | REPLY |   
釣りキチ万博  

papakid1091さん、ありがとうございます
早速リンク先に追加させていただきました

2009/05/30 (Sat) 00:49 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply