『シマノ/マキラバ』

ばんぱく

ばんぱく

今は昔、5年以上前に琵琶湖を発祥の地として、『ハネラバ』と共に一時期ブームとなった釣法『マキラバ』。その『マキラバ』に特化する形で、当時リリースされたのが今回紹介する

160923_1916~01
『シマノ/マキラバ』

従来のラバージグに、トレーラーとなるワームを保持するための『トレーラーキーパー(ハイエナキーパー)』に、フラッシングと波動によるアピール効果を持たせた、『脱着式ウィローリーフブレード』を追加した、ちょうどラバージグとスピナーベイトの中間的な特性をもつワイヤーベイトですね

160923_1919~01

基本的には、4~5インチサイズシャッドテール系ワームや、或いはグラブ系・ホッグ系・クロー系ワームと組み合わせて使用し、任意のレンジもしくは一旦ボトムまで沈めて、あとは信じてただ巻くだけという、ルアーフィッシング初心者にも比較的使いやすいルアーとなっております

      

ただ・・・ルアーの特性上、巻き抵抗があまり感じられないため、あとはひたすら信じて長時間巻き続けられるか?がある意味キモともなるルアーとも云えますね(;´∀`)

160923_1918~01

バスフィッシング関連のサイトやブログ
を見た限りでは、特に二点支持の『トレーラーキーパー(ハイエナキーパー)』の作りが秀逸で、ラバージグやスピナーベイトでありがちなトレーラーとしてセットした、煩わしいワームのズレがほぼ発生せず、タダ巻き(スイミング)以外でのリフト&フォールやボトムパンプなどで使っても、従来のラバージグ+αのアクションを自動的に生み出し、極めてイージーに良型のバスを連れてきてくれるため、使ったバサーからは比較的高い評価を受けているようです

また、ブラシガードを標準装備しているため、ウィードや根が入り組んだポイントでも投入でき、サーチベイトとして広範囲をスピーディーに探ることができる点も、高評価の一因となっているようですね

160923_1921~01

敢えて難点を挙げるとすれば、従来のラバージグと比べて価格がやや割高であることと、なかなか入手しづらいという点でしょうか(そのためなのか、中には自作している人もいる模様)

現在、シマノのWebカタログには掲載されていないところをみると、どうやら既に廃盤となってしまったようですね(´Д⊂グスン。本当に国産ルアーは、アメリカンルアーのように定番化することなく、廃盤になるのが多すぎるよなぁ( ´Д`)=3

『マキラバ』 『シマノ』 『トレーラーキーパー(ハイエナキーパー)』 『脱着式ウィローリーフブレード』 『ハネラバ』 琵琶湖を発祥の地とする釣法 主な使い方はひたすら信じてただ巻くだけ 廃盤ルアー
 
関連記事
最終更新日2016-09-23
Posted byばんぱく

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply