Welcome to my blog

『不要になったフックの処分方法についての巻』

ばんぱく

ばんぱく

今回は『交換等で不要になったフックの処分方法について』のお話

釣り、特にルアーフィッシングを楽しむ上で困ることの一つが、『交換等で不要になったフックの処分方法』

160824_1624~01

使用していて、軸部分が伸びたり、或いは折れたりしたフック、水分の影響等によって赤く錆びついたフック、フックポイントが潰れたり曲がったりしたフック等々、基本的に消耗品故にどうしても交換せざる得ないものだが、かといって一般の不燃ゴミと同じように安易に廃棄できるものでもなく、適切に処分すべき『危険物』であるのは今更言うまでもない

さて、このフックの処分方法、各市区町村・自治体によって捨て方は様々で、これといって決められた方法が一律定められていないのが実情。大抵の場合、不燃ゴミ扱いであるが、もしかしたら中には、別のゴミ扱い(資源ゴミ等)で処分しているところもありうる

そこで実際に、自分が住む自治体の環境経済部資源循環推進課に、メールにてフックの処分方法について問い合わせてみたところ、以下の様な回答が返ってきた

『1辺が50cm以下の燃えない素材でできたごみは、不燃ごみの扱いになります。お問合せの釣り針(トレブルフック)は、金属製(ニッケル・スズ等)で作られたものと推察いたします。
 3本針が危険ですのでおっしゃる通り、新聞紙等で包んでいただき、中味は、釣り針と表記し、不燃ごみの収集日に出してください。』
とのこと

自分が住む地域の場合、やはりフックは不燃ゴミ扱い、「危険なので収集するときに作業員が怪我などをすることがないように新聞紙などにくるんで、中味は『釣り針』と必ず明記して出して下さい」ということらしい

160824_1623~01

要は一番危険なフックポイント部分が、外に突き出ないように厳重に梱包し、『釣り針』であることを明示するのが、他の市区町村・自治体でも概ね共通なようだが、一番確実なのは、自分の住んでいる市区町村窓口に問い合わせて、地域ごとの正しい処分方法を確認するのがベスト

間違っても自分勝手な判断で、空き缶や空き瓶などに纏めて入れて、廃棄するようなことがないよう、不要となったフックは適切に処分しませう

『不要になったフックの処分方法についての巻』 各市区町村・自治体によって捨て方は様々 大抵の場合、不燃ゴミ扱い フックポイント部分が外に突き出ないように厳重に梱包し、『釣り針』であることを明示 市区町村・自治体に問い合わせて、地域ごとの正しい処分方法を確認するのがベスト ゴミ処分問題

関連記事
最終更新日2016-08-25
Posted byばんぱく

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply