Welcome to my blog

『懐かし?のクネクネ系ルアー』

ばんぱく

ばんぱく

今回は一時期ちょっと話題になった、一昔前のルアーのお話

方や細かいスリットが入ったボディを、一本のワイヤーで連結した硬質樹脂製ルアー。方や柔軟性に非常に優れた、軟質エラストマー素材によるルアー

160808_1930~01

互いに共通しているのは、クネクネと自在に曲がる、フレキシブルなボディ構造をしていること

160808_1939~01

発売当初は、個人的にそれなりに色々な意味で期待していたルアーだったのですが、いざ実釣に使ってみると、かなり期待外れだったかなぁというのが正直なところ(;´Д`)トホホ

まったく魚が釣れない訳ではないのですが、釣れてくるのはモノの見事に小型~中型サイズの魚ばかり。これはオカッパリゲーム&ボートゲームで使っても同じで、サイズアップ版を使っても結果は同じところをみると、おそらく大型サイズの魚を惹き寄せる『何らかの要素』が致命的に足りないのでしょうね

160808_1940~01

あとクネクネと曲がるボディの自在性が逆に災いして、飛距離はあまり出ない方なので、もっぱら近距離戦専用ルアーとなっちょります

利点としては、デッドスティッキング(ホットケメソッド)でも魚を誘えることと、穴撃ちゲームで使ってもルアーが破損しにくいことくらいですかねー(´・ω・`)。でも、コスパ等を考慮すると、ワームのジグヘッドリグの方が、よっぽど優秀かも。特に軟質エラストマー素材製の方は、保存などの面で色々と気を使わないといけない難儀なルアーですしね(´ヘ`;)ウーム…

160808_1943~01

上記の理由により、現在に於いては、残念ながら我が部隊では、二軍落ちルアーと化しています。コレは使えると思って、結構な数を揃えたのになぁ(´Д⊂グスン

『懐かし?のクネクネ系ルアー』 細かいスリットが入ったボディを、一本のワイヤーで連結した硬質樹脂製ルアー ササラベイト86 ラッキークラフト 柔軟性に非常に優れた、軟質エラストマー素材によるルアー マスクミノー90 ジャッカル クネクネ系ルアーのメリット&デメリット 二軍落ちルアー

 
関連記事
最終更新日2016-08-08
Posted byばんぱく

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply