『ハトリーズ』

ばんぱく

ばんぱく

その独創的なデザインとカラーリングセンスから、未だに根強い人気を誇る、羽鳥静夫氏が制作する『ハトリーズ』トップウォータープラグたち

160313_1904~01000100010001

奇抜で芸術性の高いデザイン&サイケでPOPなカラーリングに魅せられて、『ハトリーズ』のルアーをコレクションしている方も多いのではないでせうか?

160313_1910~02

もっともウッド製のオリジナルは高価すぎて、とても手を出す気にはならないので、自分が主に所有している『ハトリーズ』は、中古ルアーショップで大量に安価で出回っている、インジェクションモデルの方ですけどね(中古市場で実売価格500円以下のモノばかり)

160313_1910~01

で、自分の場合、バスフィッシングのトップウォーターゲームではなく、シーバスなど他のターゲットを相手に使うことを前提で購入しているので、吊しのままではなく、フック交換やちょっとしたチューニングを施して実戦投入することが多いです(特にデフォルトの貧弱なダブルフックは、SWゲームではそのままだと使い物にならない場合が殆どですしね( ´-ω-)y‐┛~~

160313_1905~02

画像の『キャスパー』『ラウドラット』も見てお分かりの通り、何かしらの手を加えてあります

そもそも本来のトップウォータープラグとして、個人的に運用することがあまりないという(^_^;)、なかなか罰当たりな使い方をしている場合が多いですね(ノ∀`)ノ∀`)ノ∀`)ジェットストリームアチャー

『ハトリーズ』 羽鳥静夫 トップウォータープラグ インジェクションモデル 『キャスパー』 『ラウドラット』

 
関連記事
最終更新日2016-03-13
Posted byばんぱく

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply