Welcome to my blog

『ばんぱく的ラパラCDL(カウンドダウン・リップレス)運用メソッドの巻』

ばんぱく

ばんぱく

もし、あなたが『ルアーを三つだけ持って、シーバスを釣ってこい!!』というミッションを課されたら、どんなルアーセレクトしますか?

自分の場合、三つのルアーの内、間違いなくセレクトするだろうと思われるルアー

150710_2245~01

今回紹介する、『ラパラ/CDL(カウンドダウン・リップレス)』

一見見た目もアクションも限りなく地味な故に、その秘められたポテンシャルを知らないルアーアングラーにとっては、おそらく箸にも棒にも引っ掛からない地味なだけのルアーでしょうね(^_^;)

150710_2243~01

でも、このルアーを信頼&使いこなせるルアーアングラーにとっては、これほど汎用性が高くて、様々なシチュエーションに投入できるルアー(然も一般的な樹脂製ではなく、バルサボディ製!!)は、他にはあまりないんじゃないでしょうか?空気抵抗となるリップが付いてない分、結構飛んでくれますし、アクションがすこぶるタイトなので魚もスレにくいですし

150710_2240~01

もっとも自分がメインフィールドとしている『アーバンクリーク(ドブ)』だと、デフォルトのフックセッティングのままで使うのは結構厳しくて、そのまま使うとかなりの高確率で根掛りの餌食なので、自分はフロントフックを外して、リアフックダブルフックに換装して使っておりますです、ハイ(コレだと殆ど根掛らない)

特に『CDL5』はそのサイズ故に、反則とも云うべき威力を発揮。シーバスは云うに及ばず、ブラックバストラウト類、はたまたロックフィッシュなどの様々なフィッシュイーターを始め、ニゴイウグイ、マゴイといった、コイ科の魚にも効果覿面だったりします

そこで我流ではありますが、今回は『CDL(カウンドダウン・リップレス)』効果的な運用メソッドでも書いてみようかと

運用メソッド其の壱.デッドスローリトリーブによるタダ巻き(+アップクロスによるU字メソッド併用 他)
自分が一番多用するメソッドであり、かつ一番実績がある方法ですね。特にリバーシーバス狙いで橋脚などのストラクチャー絡みでの攻略の場合、アップクロス『CDL(カウンドダウン・リップレス)』をキャストし、ストラクチャー廻りにルアーを流し込むように上手く誘導しつつ、かつラインの弛みを回収するような感じでデッドスローリトリーブを行うと、U字の頂点で『ゴンッ!!』バイトしてくることが多いです
ポイントによってはU字メソッドを駆使できない時もありますが、そういう場合はダウンクロス気味にキャストし、流れに逆らって弱々しく泳ぐベイトフィッシュをイメージして、水面下30センチ以内orボトムスレスレをトレースするようなイメージデッドスローリトリーブを行うと、同じく『ガバッ!!』と猛烈にバイトしてきます

運用メソッド其の弐.ストップ&ゴー
このメソッドも簡単にできる割には、なかなか効果があります。『ストップ』と言っても、ホントに一瞬だけルアーを止めて、喰わせの間を作るような感じで動かすのがキモ
あと、ストップ&ゴーの派生系アクションとして、『デッドスローリトリーブ→ミドル~ファーストリトリーブ→デッドスローリトリーブの繰り返し』というのもありますが、これなんかはちょっとでもルアーの動きを止めると魚が見切ってしまうな場合に有効な小技です
『死にかけている小魚が時々思い出したかのように泳ぎ出す姿』を再現するようなイメージで動かすといいんじゃないでしょうか?

運用メソッド其の参.トゥイッチ
魚の活性が高くて、スローで地味なアクションには反応しない時に多用。連続トゥイッチで使うもよし、ここぞという要所要所でトゥイッチを入れるもよし。できれば太陽常夜灯などの強烈な光源があって、フラッシング効果が期待できる、クロームカラーホイルフィニッシュカラー『CDL(カウンドダウン・リップレス)』を使った方がよりベストですかね

運用メソッド其の四.サージアクション
特に水面への急上昇アクションに弱いシーバスに効果的な運用ですが、タダ巻きで一定のレンジを泳いでいる『CDL(カウンドダウン・リップレス)』を、ロッドを煽って水面に向けて急上昇させることで、リアクション的に口を使わせてしまう方法ですね。『リフト&フォール』派生系アクションとでも云うべきでせうか?正直、ある程度水深がないポイントでないと効果が出にくいメソッドです
文章で表すと『タダ巻き→CDLを急上昇(サージ)→フォール→タダ巻き』の繰り返しですかね

150710_2247~01

運用する『CDL(カウンドダウン・リップレス)』のサイズですが、汎用性を求めるのであれば、やはり『CDL7(カウンドダウン・リップレス7)』が一番潰しが効きますかね。飛距離を求める場合は、フックの軸に鉛線を巻くとか、ボディ表面に意図的に超ぶ厚いコーティングを施してボディ比重を上げて使ったりします

因みに『CDL(カウンドダウン・リップレス)なんて、近所の店では売ってねーよ!!』という方は、普通の『CD(カウンドダウン)』のリップをペンチでもぎ取るか、リップをニッパーや大型爪切りでキレイにカットして使って下さい。純正の『CDL7(カウンドダウン・リップレス7)』でなくても、充分過ぎるくらいフツーに釣れますから

『ばんぱく的ラパラCDL(カウンドダウン・リップレス)運用メソッドの巻』 『CDL(カウンドダウン・リップレス)』 『ラパラ』 見た目もアクションも限りなく地味 バルサボディ製 汎用性が高くて、様々なシチュエーションに投入できるルアー 知る人ぞ知る、ラパラの隠れた名作

関連記事
最終更新日2015-07-11
Posted byばんぱく

Comments 2

There are no comments yet.
SK  
No title

CDLが市販されたときは驚きましたね。
リップ引っこ抜いて、防水処理すればいいだけなのにw

私は、ナイフをリップとボディの境目に入れて
できるだけ綺麗に引っこ抜いたら
スリットにティッシュ詰めてアロンアルファ流して
固めて整形しています。

外したリップはノーマルCD用のスペアパーツです。

2015/07/11 (Sat) 07:25 | EDIT | REPLY |   
ばんぱく  
Re: No title

SKさん、おはこんばんちは。コメントありがとうございます

> CDLが市販されたときは驚きましたね。
> リップ引っこ抜いて、防水処理すればいいだけなのにw

これがですね、実は内部のウェイトバランスをノーマルのCDとやや変えているという噂話もあるんですよね、CDL
まあ、リップをカット&引っこ抜いたCDで全然問題なく釣れますけどね

2015/07/14 (Tue) 22:13 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply