Welcome to my blog

『ヘルバット/ペンシルスイッシュテール』

ばんぱく

ばんぱく

新年度が始まったばかりということで、今月は色々と忙しく(自分の所属部署の人員数も大幅に減ったし・・・(然もよりによって仕事ができる子たちが、先月・今月で大勢辞めていくというorz))、また季節の変わり目(=ストレス)で体調を崩しやすいこともあり(何もヤル気が起きなくなる)、四月に入ってから二回目投稿記事となります

今回は、先日ベリーでたまたま入手した、このルアー(ハードベイト)でも紹介しましょうかね

r20150409215127333.jpg
 『ヘルバット/ペンシルスイッシュテール』

コアなJSYフリーク(笑)には、お馴染みの『ヘルバット』から発売されていた、所謂『シングルプロップスイッシャー(トップウォータープラグの一種)』ですな

r20150409215124416.jpg

最初に見かけた時は『以前の持ち主が、ヘルバットのペンシルベイトに手を加えて、スイッシャー仕様に改造したものか?』と一瞬思ったのですが、ベリー部分に印字されていた『HELLBAT SWISH』ネームロゴで、そうではないことが判明。ペンシルベイトポッパーだけでなく、スイッシャーも出していたんだなー、『ヘルバット』って。自分はこのルアー(ハードベイト)の存在自体、今まで全く知らなかったよ( ̄▽ ̄;)

150409_2143~01

リアアイには、エイトカン(ダルマピン)に代わって、長めのヒートンが捩じ込んであり、『ケンクラフト』トップウォータープラグでも採用されている、おそらくオリジナルのモノと思われる『ボス付きプロペラ(プロップ)』がセッティングされています。ボディは間違いなく『ヘルバット/ペンシルベイト』の流用でしょうね(^_^;)

r201504092151236b3.jpg

ヘッド部分には、おそらくバランサーウェイトを兼ねていると思われる、『スチールラトル』が複数個内蔵されています。首振りをさせた際に発生するカチカチ系ラトルサウンドと、リトリーブ時に発生するプロペラ(プロップ)のスイッシュ音による二刀流で、魚へのアピール効果を狙っているのでしょう

ラトルサウンドによる高いアピール効果を狙うのであれば、透明樹脂素材よりも寧ろボーン素材ボディに採用した方がいいような気もしますが、あくまで『ヘルバット/ペンシルベイト』ボディを、そのまま流用しただけのルアー(ハードベイト)だけに、そこまで望むのは酷というものですかね

150409_2145~01

サイズ90mm、ウェイト11gスピニングタックルでも、ベイトキャスティングタックルでも、どちらでも扱いやすい設定となっています。ポッパー的な要素も取り入れているので、スイッシャーとしての使い方以外にも、ピンスポットをネチネチ攻めるような使い方もいいかも知れません

『ヘルバット』ルアー(ハードベイト)は、エイトカン(ダルマピン)にしっかりとした強度のある太めのワイヤーを使っているので、どんな大物が掛かるか分からないソルトウォーターゲームでも、比較的安心して使える点が個人的には評価高いですねー

『ペンシルスイッシュテール』 『ヘルバット』 『シングルプロップスイッシャー』 『ヘルバット/ペンシルベイト』の流用 トップウォータープラグ JSYオリジナルブランド コアなJSYフリーク(笑)にはお馴染み

関連記事
最終更新日2015-04-09
Posted byばんぱく

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply