Welcome to my blog

『怪しさ満点だけど、なかなか味のあるベイトキャスティングロッド(笑)を入手』

ばんぱく

ばんぱく

先日、地元のベリーで見かけて一晩考えた挙句

           141219_2153~010001

『釣具との出会いは一期一会』という金言(笑)を思い出し、思い切って購入した
素性不明のおそらく自作によるものと思われる、2ピースベイトキャスティングロッドです

           10806280_748202271940161_8311905055236884936_n.jpg

ブランクスはどちらかというと胴調子気味のチューブラーのグラス素材、
ガイドはFUJIステンレスフレーム(ガンスモーク仕上げ)&SICガイド、
如何にもロッドビルディングの素人が施したような粗い表面塗装
お世辞にも綺麗だとは言い難いガイドスレッド処理

そしておそらく手持ちの『ABU/SVANGSTA』金属製ガングリップを移植し
シングルハンド仕様のベイトキャスティングロッドとして、どうやら完成させた代物のようです

           141219_2154~010001

ガングリップ部分金属素材故に非常に重いのですが
非常に合理的かつリールの着脱がスピーディーに行える
このホールド形式のリールシートには、やはり惹かれるモノがありますね

           141219_2155~010001

あと、おそらくこのロッドの製作者の拘り?であろうと思われる
『金属製フェルール(メタルフェルール)』
現在主流の『スピゴットフェルール(印籠継ぎ)』のロッドとは違って
ある種の重厚感といい意味での野暮ったさを感じさせてくれます

           141219_2157~010001

部分的にコンディションがあまり良くない部分があったので
再塗装や研磨作業といったレストアを自分で施して
見た目が少しでもマシになるよう修繕して見ました(^_^;)

実戦投入するとしたら、気分的にはやはり丸型ベイトキャスティングリール
組み合わせてのトップウォーターゲームか、~゜・_・゜~ナマさんゲームですかね

『怪しさ満点だけど、なかなか味のあるベイトキャスティングロッド(笑)を入手』 素性不明のおそらく自作によるベイトキャスティングロッド チューブラーグラス素材 FUJIステンレスフレーム(ガンスモーク仕上げ)&SICガイド 『ABU/SVANGSTA』の金属製ガングリップ ある種の重厚感といい意味での野暮ったさ

関連記事
最終更新日2014-12-19
Posted byばんぱく

Comments 2

There are no comments yet.
シャフト  
こんにちは(^_^)b

最近ロッドとリールのセットがめちゃ軽いですからね~(--;)
自分がこのロッドに55Cなんか載せて投げたら間違いなく一緒に投げますなあ(>_<)

筋トレから始めんと…(^_^;)

2014/12/22 (Mon) 09:08 | EDIT | REPLY |   
ばんぱく  
Re: こんにちは(^_^)b

> 最近ロッドとリールのセットがめちゃ軽いですからね~(--;)
> 自分がこのロッドに55Cなんか載せて投げたら間違いなく一緒に投げますなあ(>_<)

今と違って、軽量化というファクターを無視して、設計されてますからねー(^_^;)
その分、ミリタリー的な重厚感に関しては、現行タックルにはない魅力がありますねー

2015/01/03 (Sat) 20:21 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply