Welcome to my blog

『取り敢えずこんなことをやってます&書いてみます』

ばんぱく

ばんぱく

結局、年始にメモリ2GB&HDD250GBに増設した、自宅の旧式デスクトップPC(シングルコアモデル)には、Linuxディストリビューション(OS)の中でも、おそらく一番普及しているであろう

           1544362_569197416507315_474781849_n.jpg

Ubuntuの『12.04 LTS(長期サポートバージョン)』をインストールしました

ただ、一般的な『WindowsOS』と違って、ネットに繋げてUpdateさえしておけば取り敢えずOK、とはいかないのが『Linuxディストリビューション』の辛いところ(この辺が一般的に普及しない、大きな理由の一つなんだろうなぁ)

とにかく様々なUbuntu 12.04 LTS用のツールやらアプリをコマンドラインを使って導入して、使いやすいようにあちこちを微調整して、漸く使えるようになった感じですかね

あとUbuntu 12.04 LTSから制式採用された『Unity』なる新型インターフェースがすさまじく使いづらいので(直感的に操作できないのが最大のネック)、敢えて『GNOMEクラシック』表示に設定してみました。どうしたらこんな使い勝手の悪いインターフェースを制式採用する気になるのか、Excel2007(エクセル2007)から採用されている『リボン』といい、やっぱり南蛮人の考えることはよく理解できません┐(´д`)┌ヤレヤレ

           1511122_568689896558067_674545682_n.jpg

あと今回増設してみた、稼働音が凄まじいWD社のHDDも、マウントへの取り付け方法を見直し、HDD管理用フリーソフトやコマンドによる静音調整を行なって、何とか我慢できるレベルまでに稼働音を抑えましたが、やっぱり相変わらずディスク読み込みの度にガリガリっと盛大な音を立てて、精神衛生上はあまりよいとは言えない状態だったりします(-.-;)ウーン

かといって、旧式ロースペックマシンに静音性に優れた『SSD』を導入するのは、以前に比べたら安くはなっているものの、コストパフォーマンスを考慮すると馬鹿馬鹿しいしね(^_^;)

『取り敢えずこんなことをやってます&書いてみます』 自宅の旧式デスクトップPC(シングルコアモデル) メモリ2GB&HDD250GBに増設 Linuxディストリビューション 『Ubuntu12.04 LTS(長期サポートバージョン)』導入 『Unity』 『GNOMEクラシック』

関連記事
最終更新日-0001-11-30
Posted byばんぱく

Comments 6

There are no comments yet.
ユウギ  
初めまして

ばんぱくさん初めまして、ユウギと申します。
ずいぶん前からルアー論評のページを拝見していて、ルアーの購入やら使い方の参考にさせてもらってました。
そんな初コメのネタがubuntuというのもなんなんですが・・・(苦笑)

自分も低スペックのPCにubuntuを入れていますが、Unityは重すぎて使えませんね。
私が使っていておすすめのデスクトップ環境は『LXDE』です。Unityよりずっと軽いし、操作感もWinに近いのでなじみやすいかと思います。
ただ設定項目の一部が存在しない(Unityにはあるが)ものがあるので、使われる場合は気をつけてくださいね。

2014/01/16 (Thu) 23:29 | EDIT | REPLY |   
ばんぱく  

ユウギさん、おはこんばんちは。初めまして。初コメントありがとうございますm(_ _)m

うちのPCも色々と増設をすることスペックを上げたPCで、なんとかUnityが動いている状態です。まあ、あの操作性の悪さでは、最初からあまり使う気は起きませんが(^_^;)

因みに我が家にある一番スペックが低いPCでは、Ubuntu 12.04 LTSはまともにインストールすることすらままなりませんでした(インストール途中でエラーメッセージ連発で停止する)。あとUbuntuで『LXDE』も使ってみましたが、個人的にイマイチピンとこなかったので、最終的にはUbuntuの派生系ディストリビューションで、十年くらい前の旧式PCのスペックでも、ほぼ問題なく稼働する『Xubuntu Linux 12.04LTS(ズブントゥ リナックス)』を入れて、一年くらい使ってます(詳しくは過去アーカイブを参照のこと)

初回から返信が長くなりましたが(^_^;)、今後ともよろしくお願い致します

2014/01/17 (Fri) 05:55 | EDIT | REPLY |   
SK  
No title

KNOPPIXはLXパネルですね。
確かにWinと変わらない操作方法です。

時々、起動してみたら
ウィンドウの外枠が一切表示されなくて
再起動するはめになりますが。

2014/01/17 (Fri) 18:31 | EDIT | REPLY |   
ユウギ  
lubuntu

ばんぱくさん、レスありがとうございます。
過去ログみたら、もうLubuntuを検討の上でXubuntuを選択されてたんですね、失礼しました。
こちらこそ、これからよろしくお願いします。更新楽しみにしてます。

2014/01/17 (Fri) 21:47 | EDIT | REPLY |   
ばんぱく  

SKさん、おはこんばんちは。コメントありがとうございます

自分はKNOPPIXは使ったことがないのですが、日本語環境への対応や動作速度はどんなものなのでしょうか?最低限の機能しかなく、あまりに見た目が殺風景というのも却って使いにくいですしね~

2014/01/20 (Mon) 05:55 | EDIT | REPLY |   
ばんぱく  

ユウギさん、おはこんばんちは。コメントありがとうございます

メインマシンとして使っていたPCが一世代前のものだったので(CPUがシングルコアのペンティアム4)、使えるLinuxディストリビューションが限られ、軽快な動作とカスタマイズ性と日本語環境対応を基準に、選考に残った『Linux Mint』『Xubuntu』『Lubuntu』を実際にインストールしてみた結果、最終的に残ったのが『Xubuntu』だったんですよねぇ(『Linux Mint』は最低動作環境をクリアしているにも関わらず、何故かまともに動かず、『Lubuntu』はLTS版がなく、加えて日本語環境対応がイマイチだった)

因みに今回導入した『Ubuntu 12.04 LTS』のデスクトップ環境は最終的に『Cinnamon』となりました。GNOMEがベースとなっているため、軽量で操作性も良く、かなり使いやすいです

2014/01/20 (Mon) 06:09 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply