Welcome to my blog

『シーバスフィッシングのオカッパリゲームに於けるメタルジグ』

ばんぱく

ばんぱく

 今日は某ブログ朋友の記事を見ていて、何となーく思い付いたネタを、徒然なるままに書き綴ってみようかと思います

 シーバスフィッシングオカッパリゲームに於いて、どうしても飛距離が必要とされるシチュエーション(沖目でナブラが発生している、一番奥の方にある橋脚までルアーアプローチしたい等)が発生した場合、アングラーが取るべき選択肢として、おそらく次の二つが提示されるかと思います

1.使用タックルを調整することで何とかする

2.飛距離が出るルアーを選択する

 『1』の場合は、使用するロッドをリーチの長いモノに換える、大口径スピニングリールを使用する、ラインを細くすると言った対処法になる訳ですが、但しフィールドの状況(=受ける制約)によっては、使いたくても使えない場合もあります
 例えば、長いロッドを振り回すだけのスペースが存在しないポイントではロングロッドは使い物になりませんし、水中に鋭利なヘビーカバーが多数点在している場所で極細PEラインを使うのは、自殺行為以外の何物でもありません。正に『適材適所』の言葉通りな訳です

 次に『2』の場合、飛距離を稼ぐことができる『重心移動システム内蔵ルアー』『バイブレーション』『メタルバイブ』『ジグミノー』『メタルジグ』と言ったカテゴリルアーチョイスすることになる訳ですが、この中でも断トツで飛距離を稼げるのは、やはり『ジグミノー』『メタルジグ』の二つになるでしょうね

          moblog_f8f1efb6.jpg

 特に『メタルジグ』は元々が比重のある金属素材に加えて、殆ど空気抵抗を受けないあのフォルムですから、飛ばない訳がありません(特にショアからのキャスティングゲームを意識したモデル)。同じウェイトの『バイブレーション』『メタルジグ』があったら、間違いなく『メタルジグ』の方がより多くの飛距離を稼ぐことができるハズです

          moblog_b7a6f964.jpg

 ただ・・・青物(ブルーランナー)に於いては『ショアジギングゲーム』という確固たるゲームフィッシングスタイルが確立されている『メタルジグ』も、こと『オカッパリからのシーバスゲーム』に於いては、日頃から愛用しているシーバスアングラーはおそらく少数派なのではないでしょうか?

 一般的なシーバスタックルだとパワー不足で効果的に使うことが難しい、自発的にアクションするルアーではないため、常にロッドワークで動きをつける必要があり、アングラーにかかる負担が大きいというのが、オカッパリからのシーバスゲーム『メタルジグ』があまり使われない理由かも知れません(また言うまでもなく、水深があまりない『シャローエリア』では、運用そのものが難しい)

          moblog_926bb3b5.jpg

 ただ、先にも述べたようにそのズバ抜けた飛距離は、状況により最大の武器になる場合もあるので(魚がいる場所までルアーが届かなければ、どうやったって魚は釣れませんからね)、大河川やその河口、海でシーバスオカッパリゲームを行う場合には、1オンス(28グラム)前後メタルジグ(出来ればキャスティングゲームモデル)一個タックルに忍ばせておくといいことがあるかも知れません

          moblog_1aa7862c.jpg

 『でも、メタルジグは自分で積極的にアクションをつけないといけないのが、正直使うのかったるくてなー』という御仁には、やはり同じくらいのウェイトの『ジグミノー』をオススメします。昨今はロッドワークでアクションをつけなくても、タダ巻きで自発的に泳いでくれる『ジグミノー』も多いですしね

          moblog_fc59ee43.jpg

 因みに『フック』ですが、デフォルト『トレブルフック』よりも、やはり『シングルアシストフック』の使用をオススメします。青物『ショアジギングゲーム』では『フロントアイ』セッティングされることが多いですが、シーバスフィッシングに限って云えば、個人的には『テールアイ』セッティングした方が、より効果が高いような気がしますねー

『シーバスフィッシングのオカッパリゲームに於けるメタルジグ』 シーバスフィッシングのオカッパリゲームに於いて、どうしても飛距離が必要とされるシチュエーションで真価を発揮 圧倒的な飛距離 元々が比重のある金属素材に加えて、殆ど空気抵抗を受けないあのフォルム 自発的にアクションするルアーではない デフォルトのトレブルフックよりも、やはり『シングルアシストフック』の使用をオススメ

関連記事
最終更新日-0001-11-30
Posted byばんぱく

Comments 8

There are no comments yet.
銀時  

ちょっと前にダイワの番組でデイシーバスを爆釣してたんですが、遠くのナブラ撃ちにメタルジグのファントム使ってましたよ(^_^)
投げて表層ただ巻きでしたけど(笑)
ま~あれだけ爆ってたら届けばなに投げても釣れそうでしたけど(笑)

そういえばアシストフックはテールに着けてましたが、キャスティングでは前より後ろの方が良いのはシーバスが吸い込み系のバイトだからですか?

2013/07/05 (Fri) 15:03 | EDIT | REPLY |   
坊  

メタルジグでシーバス釣った事ないですねぇ(^_^;)
仲間は激流の河口で小さくて重たいシンペンぽく使って釣ってる様ですが、俺には全くイメージできません(笑)

でもメタルジグて向かい風でもぶっ飛ぶし、何でも釣れるし実は最強ルアーなのでは?と思ったりします。

2013/07/05 (Fri) 17:46 | EDIT | REPLY |   
MACO  
No title

こないだの件ですね!!(^_^;)

飛距離に関してですが、極細PEラインを使う最大のメリットは、ミノー等のルアーをある程度飛ばせる事だと思います。バイブレーションなんかの重いルアーでは出来ない釣りを可能にする。

例えば、こないだ雨後に釣ったシーバスなんかは、可能な限り遠投して表層を流して釣ったんですが、今までの0.8号では届かないスポットでした。バイブレーションなら届くんですが、流されてくる表層のイナッコを意識している状態だったんで、この釣りがハマりました。

まぁ、ばんぱくさんの言う通り、「適材適所」で、今までなら投げてみようと思ったような場所も、ここは止めておこうとスルーする感じになりました。そんな感じで、使う場所は選ぶと思いますが。

2013/07/06 (Sat) 10:21 | EDIT | REPLY |   
rairai  
No title

メタルジグめっちゃ釣れますよ(`・ω・)ノ
業界が単価の高いプラグを買わせるために意図的に取り上げないんじゃないかってくらい(笑)

個人的にはシーバスにはフォールで食わせるようなアクションがコツかなぁと思ってます。
反則気味ですがアシストにおかずをつけてやるとアジメバルや根魚も釣れたりするんで
かなりのヘビーローテーションです。

2013/07/06 (Sat) 13:41 | EDIT | REPLY |   
ばんぱく  

銀ちゃん、おはこんばんちは。コメントありがとうございます。返事遅くなりました

ナブラ撃ちでは飛距離の出るメタルジグは欠かせないルアーの一つですよね

因みにアシストフックをつける位置が前よりも後ろの方がいいと思っているのは、自分の経験則から導かれた結果です

自分も最初はラインアイ側にアシストフックをセットしていたのですが、シーバスに限って云えばテールアイ側にアシストフックをセットした方がよい結果に繋がることが多かったんですよね。銀ちゃんが云うようにシーバスがバキューム型の捕食をする魚だからかも知れません

2013/07/11 (Thu) 06:54 | EDIT | REPLY |   
ばんぱく  

坊さん、おはこんばんちは。コメントありがとうございます。返事遅くなりました

メタルジグ、普通にシーバス釣れますよ。ただ…巻いただけでは殆ど動かないのでジャークかリフト&フォールでの運用が基本ですが(シンペン的な使い方は軽いメタルジグか、水深がそれなりにあるポイントじゃないと難しい気がします)
でも、シーバスがスレている時などは、単なる棒引きが滅茶苦茶効くことがあるんですよね

2013/07/11 (Thu) 07:01 | EDIT | REPLY |   
ばんぱく  

MACOさん、おはこんばんちは。コメントありがとうございます。返事遅くなりました

MACOさん、おはこんばんちは。コメントありがとうございます

MACOさんのように極細PEラインのメリット・デメリットを熟知していて、尚且つ使いこなす腕があるアングラーだったら問題ないのですが

あまりにも考えなしに安易に極細PEラインを使う人が多いので(飛距離が出たところで掛けた魚を極細PEラインで捕れるだけの腕がなければ意味なし)、敢えて一言物申す的な意味を含めて、今回の記事を書いてみました

因みにシーバスが表層を意識しているような場合には、『メガバス/バブルヘッダー』のような水面を攻略するために設計されたキャスティングジグが効きますよ。一度お試しあれ

2013/07/11 (Thu) 07:13 | EDIT | REPLY |   
ばんぱく  

rairaiさん、おはこんばんちは。お久しぶりです。コメントありがとうございます。返事遅くなりました

たしかにタングステン製でもない限り、総じて安価なモノばかりですからね(笑)。『スプーン』と並んで万能選手的なルアーなんですけどね

オカズ付きアシストフックはアピール力に劣るメタルジグを強化する意味でも、利に叶ったチューニングだと思います。意外と奥の深いチューニングですし

2013/07/11 (Thu) 07:18 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply