Welcome to my blog

『二度あることは三度ある』『三度目の正直』

ばんぱく

ばんぱく

 つー訳で今週も懲りもせず、金曜日の夜に仕事から帰宅後、Uターンして都内の荒川中下流域まで出撃してきました。因みに荒川ですが、先月末まではサッパの群れが大量に荒川河口に侵入し、そのお陰でサイズはともかくとして、河口ではワンキャストワンヒットに近い、正にシーバスフィーバーぶりだったそうですが、果たして中下流域は如何に?

 arakawaScreenshot2.jpg

因みに今回、自分が釣りをしたのは、マップ上の赤丸で囲った地点であります

 arakawaScreenshot1.jpg

 現地に到着して早速タックルを準備して、第一目標ポイントに向かうと第一釣り人発見!!いつもの如く『釣れますか~?』と声をかけると『二時間粘って漸くさっき一匹(50センチクラスのフッコ)釣りましたよ』との返事。因みにヒットルアー『シリテンバイブ』とのこと

『二時間粘ってやっと一匹か。相変わらず当たり外れの大きい難しいフィールドだなぁ(-_-;)』

 と内心思いながら、件の釣り人に一言断ってから、ほんの少し上流にある水門近くに入らせてもらい、早速キャスティングを開始。ところがどうも潮の時合いを読み間違えたようで、下げ潮が効きすぎて川の流れが滅茶苦茶早く、ルアーがまともに水面&水中を泳いでくれない。おまけに水位がみるみるうちにエラい勢いで下がってきて、どうみてもオカッパリからの釣りが成立しない厳しい状況に工エエェェ(´д`)ェェエエ工ー

 その旨をFacebookに書き込むと、ありがたいことに知り合いの荒川シーバスの達人から短時間で『今日の時合いは19:30~21:00前後までで、今の時間は潮が効き過ぎてシーバスがルアー追えない時間です。時合いまで待ちましょう!可能性があるとすれば朝の4時前後辺り』と適切なアドバイスが

         nandatokansei.jpg

ぬぅ、今日は午前4時までは潮が速すぎて釣りになりません・・・だ・・・と・・・

         moblog_a02577bc.jpg

 確かに本来であれば、アングラーがベストな時合いに合わせて釣り場に入るべきなのですが、いい時間帯ばかりを選んで釣り場に来ることができないのが、会社勤めの週末アングラーの辛いところ(´;ω;`)
 おまけに自分の場合、長時間&長距離移動+公共交通機関オンリーというハンデまで背負っているため、条件のいい時ばかりを狙って釣行するのはちと難しいんですよね(-_-;コマッタナ

         moblog_a30bb90b.jpg

 で、荒川本流は岸際の水が引き過ぎて、もはやオカッパリからは釣りにならないため(まさか中潮⇒小潮に向かってのサイクルで、これほど潮位が下がると思わなかった)、とりあえず上げ潮に変わる時間まで、荒川の隣を流れる綾瀬川&中川で時間を潰すことに

         moblog_03d1e060.jpg

 その中でも少しは有望そうな綾瀬川&中川の合流点で、ただひたすらキープキャスティングを繰り返すも魚からの反応は一度としてなし(T^T)

 もはや最後のチャンスに望みを託して、第一釣り人と遭遇したポイントまで、徒歩30分以上かけて戻ると幸いなことに誰もいない様子。他のアングラーが来ないうちに場所を確保して水位を確認すると、どうやら漸く本格的に上げ潮を効き始めたようで、これなら何とか釣りが成立しそう

 ここで使用するルアーバイブレーション一本に絞り、ややアップクロス気味にキャストして、バイブレーションを下流の橋脚近くにドリフトさせるパターンを繰り返すもシーバスからの反応は一切なし

『そういやこういう状況でシーバスをバイブレーションでリアクションバイトさせる方法が某掲示板で書いてあったよなぁ』

 とふと思い出し、『バイブレーションをアップクロスでド遠投⇒着水と同時に早巻き』というパターンを試してみることに。しかし魚からの反応はなく、『まあ、一投目からそう簡単にシーバスが釣れれば、誰も苦労はしないわな』と誰となくつぶやき、ルアーが自分の目の前まで近づいてきたので、リーリングスピードを落として、ルアーをピックアップしようとした、正にその時

ガツンッ!バシャバシャバシャッ!!フッ・・・

・・・・・・・・・・・・・・・。

うわーっ、やってもうたぁ!!(泣)

早朝の荒川河川敷に響き渡る俺の悲鳴

久々にシーバスお得意の足元からの零距離バイトかっ!すっかり気を抜いて油断してたわっ!!下手こいたぁ~!!!

 然しこれでシーバスがとりあえずいることが分かったので、消えかけていた闘志に再び火がつき、件のバイブレーション早巻きパターンやリフト&フォール、はたまたルアーチェンジなどありとあらゆる手段を試したのですが、結局この日のシーバスからのバイトは、後にも先にもこの一回のみorz ヒジョウニキビシイ〜

 そうこうしている内に夜明けを迎え、上げ潮の時合いも完全に過ぎてしまったため、朝の7時まで、この日現場に持ち込んだルアーのいくつかの試投&スイムチェックを行い、納竿としました

 それにしても荒川シーバス、とても手強い(こうも釣れない理由は、おそらく自分のポイントと時合いの選択ミス(時合いに関してはどうしようもないのですが)が原因なのでしょうが)。然しこうなると、意地でも年内に荒川で一本シーバスを揚げてやるという闘志メラメラと萌え燃え上がってきました(どんだけ天の邪鬼&変に負けず嫌いなんだよ。素直に河口まで行けよ、河口に⇒だって家からじゃ遠過ぎるんぢゃもの)

二度あることは三度ある 三度目の正直 荒川シーバス釣行記 バイブレーションをアップクロスでド遠投⇒着水と同時に早巻き うわーっ、やってもうたぁ!! 荒川シーバス、とても手強い

関連記事
最終更新日-0001-11-30
Posted byばんぱく

Comments 4

There are no comments yet.
SK  
No title

このベンチは、堀〇水上〇ス発着場前広場の屋根の下かな…!?

2012/11/04 (Sun) 20:53 | EDIT | REPLY |   
カワ  
No title

マゾ気質のばんぱくさん、お疲れ様です。
>足元からの零距離バイト
油断して何度も悔しい思いをした事か、獲れないモンですよそのパターンは。
頑張って年内に釣って下さいね。

2012/11/05 (Mon) 00:30 | EDIT | REPLY |   
ばんぱく  

SKさん、おはこんばんちは。コメントありがとうございます

ズバリ正解でしょう(笑)。流石はジモティ画像だけで言い当てるとは(でもマップ付きなら分かる人は分かるか(^_^;))

2012/11/05 (Mon) 07:00 | EDIT | REPLY |   
ばんぱく  

カワさん、おはこんばんちは。コメントありがとうございます

いやいやマゾ気質はまったくゼロですから。とにかく釣り場に行かなきゃ魚は釣れないので、仕方なく通っているだけです

零距離バイトはそれなりに対処法はあるのですが(ドラグ緩々、ラインをロッドと同じ長さだけ確保して、ルアーを回収するクセをつけるなど)

大体気を抜いている時にくるので(笑)、とっさの反応ができないことが多いですね
それに今回は潮位の関係でかなり足場が高かったので
よしんばバラさずに掛けても、もしかしたら捕れなかったかも知れません

2012/11/05 (Mon) 07:08 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply