『るあーさいず』

ばんぱく

ばんぱく

 先日、ブロガー仲間さっちーさんも記事でちょこっと取り上げていましたが、基本マッチ・ザ・ベイトの傾向が強いシーバスゲームに於いて、ルアーサイズルアーカラー以上に使うルアーを選択する際の重要な要素の一つと云えます

 好奇心からルアーにちょっかいを出してくれるブラックバスと違って、シーバスはあまり奇抜なデザインのルアーや、そこにいるベイトフィッシュとは明らかにサイズが違うルアーに対しては、なかなかを使ってくれません(自分がヘタクソなのもあるが(-_-;)

 例えば、ものすごく小さい稚魚アミ捕食しているシーバスや、逆に体長15センチ以上サヨリなどを捕食しているシーバスに対して、そのベイトサイズに外れたルアーを投げても、その大部分がシカトされるのがオチ。そういう点では、ベイトサイズベイトの種類に対して、非常にセレクティブなフィッシュイーターとも云えます

 もっとも肝心なのはルアーの見た目のルアーサイズではなくて、そのルアーの水を押す力や撹拌する力、水中で発する波動という説もあるんですけどね(見た目が小さくても、それらの力に優れているルアーは、魚からは見た目のルアーサイズ以上に大きく、魅力的ベイトに映るということらしい)

 とは言っても、一種の狂乱索餌(きょうらんさくじ)状態で、どんなルアーにも口を使ってくれるような場合は別ですけどね(^_^;)。あとブラックバスほど反応がいい訳ではないにせよ、リアクションで反射的にルアーを喰わせる場合も、話は別かも知れないなぁ

 最近のソルトウォーターゲームシーバス関連の雑誌を見てみると、特に大都市圏ベイエリアでは、釣り場のハイプレッシャー化を反映してなのか、小さいボディサイズに反してやたらとウェイトがある『ヘビーウェイトスモールバイブレーション』と云うべきモノを使って、今まで届かなかったポイントまでスモールルアーを叩き込み、魚を捕るスタイルが一部で流行って?いるようですね(その代わり、釣れる魚のサイズはまったく選べないようですが・・・)

 当然使用するシーバスタックルも、それらの『ヘビーウェイトスモールルアー』を遠投するために対応した、ライトモノにせざるを得ない訳ですが。そもそも太いリーダー太いラインのままでは、スモールルアーがちゃんと水中で動いてくれませんし、一番のキモとも云える遠投ができませんしね

 ただ・・・そこまでして使うルアーサイズを小さくし、使用するシーバスタックル『ヘビーウェイトスモールルアー専用』特化(ある意味、シーバス用フィネスタックルと云うべきか)させてまで、釣れる魚のサイズを問わずシーバスを捕ることにのみ、形振り構わず腐心して楽しいのか?と言う思いは個人的にはあります

 だったら極めて効率は良くない釣りにしても、ハネダクラフトヤステンさんのようにビッグサイズルアー(然も主流とは言い難いアメリカンルアー(笑))を使い、粘りに粘って捕った一匹の方が、価値が何となく高い気がするし、個人的には共感できるのですが(コレコレストイックなかなり辛いフィッシングスタイルですけどね(^_^;)

 まあ、アングラー(釣り師)なら誰しもボウズは嫌だし、なるべくなら避けたいので、どんなサイズの魚でもいいから釣れる確率の高い、スモールルアーソフトベイトに走るのは分かるんですけどね(^_^;)
 自分も『ご近所釣行』に於いて、明らかに分が悪い10センチ以上ルアーは最初から使う気はしないですし(どう考えても不利だし、魚が釣れること自体、まず殆どないですし)

 でも・・・、本当にルアーフィッシングの上手い人って、ルアーサイズに関係なく、ルアーアクションだけで魚にルアーを喰わせちゃうんだよな~、マジで(^_^;)

るあーさいず マッチ・ザ・ベイト ルアーサイズはルアーカラー以上に使うルアーを選択する際の重要な要素の一つ ベイトサイズや種類に対して、非常にセレクティブなフィッシュイーター シーバス ヘビーウェイトスモールルアー ハネダクラフト ヤステンさん さっちーさん さっちーの釣り日記

関連記事
最終更新日-0001-11-30
Posted byばんぱく

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply