Welcome to my blog

『はぐれアングラー純情派』

ばんぱく

ばんぱく

 えー、今回のタイトルに然して深い意味は、『銀魂』のサブタイトル並みに無いので、皆さん要らぬ詮索は一切せずに華麗にスルーするように

 さて、週の始まり月曜日にも拘わらず、今日は奇跡的に定時きっかりで会社を上がることが出来たので、寄り道を一切せずにそのまま自宅に直帰し、そこからチャリで近所のTBスクランブルダッシュ!!(笑)

 さっそく件の『ソルトウォーターゲーム用ロッドコーナー』再リサーチをかけると、何と昨日当ブログにて紹介した『Buccaneer(バッカニア)/BastardSword(バスタードソード)BBSS106HC-2F』が既に無くなってる!!
 『そうですか・・・あのロッドを何の疑問も持たず、あの値段で買っちゃいましたか』と誰に言うともなく一人つぶやいたあと、そのまま忍の如く『中古ソルトウォータールアーコーナー』に移動し、何か出物はないかと棚を素早く物色すると、久々に俺様のマイハートをガッチリと鷲掴みにするとても素敵なブツを発見!!

        TAIPAN2
『Reidy's Lures/TAIPAN SHALLOW』

 全てがヘビーデューティー仕様のいわゆる『対バラマンディ用ハードベイト』の一つであり、『リアルデザインやリアルフィニッシュなどクソくらえっ!!』的な如何にも大味なデザインラブサイケデリ子チック派手なカラーリング(たしか通称『バラレインボー』だったかな?)がとても素敵なオーストラリア製ハードベイトですね

        TAIPAN1

 因みにインターネットで調べたところによると『ミノープラグ』『ジャークベイト』ではなく、あくまでもルアーカテゴリー的には『クランクベイト』に中るルアーだそうです(ルアーメーカー的には、どうも『シャロークランクベイト』という認識らしいのですが、リップに刻印された数値を信用するならば、潜航深度は約2メートル・・・これの何処がいったい『シャロークランクベイト』なんだか(-_-;)ヌーン

 で、もう一つ『中古ソフトルアーコーナー』でエグってきた掘り出し物が、『バシャシャシン(バスアサシン)』『スレンダーショートパドル』と並ぶ、あの王様こと村田基氏オススメの激釣れソフトベイト

        WLSS2

『ウォーターランド/スレンダーシャッド』

 このフロントボディ部分に設けられたリブが特徴的なスーパースリム設計のストレートワーム、中古市場で探すとあまり売っていない上に、もしあったとしてもカラーがイマイチだったり、中古品のくせに値段が不当に高かったりと今まで購入するまでには個人的になかなか到らなかったんですよねー

        WLSS1

 殆どのジャパニーズバサーの皆さんがおそらくご存じだとは思いますが、コイツ『ウォーターランド/アーマードスイマー(若しくはバトルスイマー)』、意図的にシリコンラバースカートの本数を間引いて、20~30本ベストセッティングに調整した『シリコンラバースカート』3つ組み合わせて使うと、ランカーサイズ激釣れ最凶バスルアーの出来上がりっ!!

 因みに『バスフィッシング』にではなく、『ソルトウォーターゲーム』で使うなら、巻くのは『シリコンラバースカート』ではなく、フェザー』ラビットファー』などの天然素材の方が魚のウケがもしかしたら良いかも

        TAIPAN210

 最後に気になるお値段でありますが、『Reidy's Lures/TAIPAN SHALLOW』税込み210円、『ウォーターランド/スレンダーシャッド』に至っては未使用品税込み53円という激安奉仕価格でございました

はぐれアングラー純情派 TBにスクランブルダッシュ!! 久々に俺様のマイハートをガッチリと鷲掴みにするとても素敵なブツを発見!! TAIPAN SHALLOW Reidy's Lures オーストラリア製ハードベイト スレンダーシャッド ウォーターランド アーマードスイマー(若しくはバトルスイマー)&ラバースカートと組み合わせて使用 激安奉仕価格でゲット!!

関連記事
最終更新日-0001-11-30
Posted byばんぱく

Comments 10

There are no comments yet.
さそり君☆ケータイ  

その価格だと買いですね


個人的にはバラマンディ用のルアーがそそりますね!

素晴らしいカラーリングだと思います

2012/05/22 (Tue) 12:29 | EDIT | REPLY |   
銀時  

うちなら残念ながら触らずスルーしてしまいそうなルアーです(笑)
凄いカラーですね~(^_^;)

バラマンは憧れの魚ですが、たぶん海外旅行は二度と行かないと思うんで憧れのまま終わりそうです(笑)

2012/05/22 (Tue) 14:50 | EDIT | REPLY |   
ばんぱく  

さそりさん、おはこんばんちは。コメントありがとうございます

このサイケデリックな配色が実にいい味出してますよね(笑)
ボディにはカラカラと大きな音を奏でるラトルが封入されていて、メーカーが公表しているデータだとウェイトが14グラムもあるそうなんですが、実際に持ってみるとエラく軽くて、14グラムもあるようにはとても思えません(爆)

2012/05/22 (Tue) 18:51 | EDIT | REPLY |   
ばんぱく  

銀ちゃん、おはこんばんちは。この派手派手カラーはバラマンディ用ルアーには必ずと言っていいほどラインナップされているカラーパターンなんですよね。因みにあの有名な『ロングA』にも用意されているカラーです
『バラマンディ』は無理かも知れませんが、関西在住ならば、ちょっと脚を伸ばして四国まで行けば、近縁種の『アカメ』を狙えるじゃないですか(笑)

2012/05/22 (Tue) 18:59 | EDIT | REPLY |   
arb1200  
No title

 基本的にこのようなリップの長さとアイの位置だと120ft(36m)ぐらいキャストしてリトリーブすると、半分60ftで大体6ft(1.8m)ぐらいは潜行深度として計算できますから2mというのはあながち不自然なことではないですね。
 あと海外ではキャスティングだけでなくトローリングも普通の釣り方の一つですから、そのあたりの数値の間をとった可能性もありますね。
 いずれにしてもルアーの潜行深度を計算してプレゼンテーションしている人なんてまずいませんから、最大潜行深度を表記したところで基本的に無意味な数字なんですけどね。つまり、リール・ハンドル何回転リトリーブしたらどこまで潜ったかというのがわかり、それを利用して魚にルアーを届けられるというのが最も重要なわけです。先のキャスト距離とリトリーブした距離の感覚を持っていてやっと役立つ数字が最大潜行深度ですね。

2012/05/23 (Wed) 19:15 | EDIT | REPLY |   
ゆ~た  
No title

バラマンディ用とは・・・
そうとうな大物用に作られてますね(笑)
調べてみると、スズキ目だそうです。
ていうことは、このルアーはシーバスにも効果抜群かもしれませんね(笑)
しかも、スゴイカラー・・・   すぐに、スレそうな感じですが・・・・(苦笑)


しかしバラマンディ・・・、2mになるとは・・・
一度は釣ってみたい魚ですね♪

2012/05/23 (Wed) 20:33 | EDIT | REPLY |   
はっち  
No title

タイトル・・・激しく気になります(笑)

2012/05/24 (Thu) 00:48 | EDIT | REPLY |   
ばんぱく  

arb1200さん、おはこんばんちは。お久しぶりです。コメントありがとうございます

いやー、相変わらず核心を突いた辛辣なコメント、キテるなぁー(笑)
いわゆるフローティング系でリップが付いたルアーは実際に最大到達深度まで潜らせるには、それなりの助走距離が必要ですからね。あとはご指摘のようにリトリーブスピードでも、全然潜航深度が変わってきますし
シーバスゲームの場合、潜航深度=レンジはかなり重要視しますよ
何しろ数センチレンジがずれただけでルアーを喰ってこないという側面を持つ魚なんで。この辺はある意味バスゲームよりもシビアかも

2012/05/24 (Thu) 07:22 | EDIT | REPLY |   
ばんぱく  

ゆ~たくん、おはこんばんちは。コメントありがとうございます

まあ、間違いなくシーバスにも効きますね(笑)。派手派手カラー=スレを促進というのは、意外とアングラーの思い込み以外の何物でもない場合があり(あくまで人間の目には派手に見えるだけであって、実際に魚の目にはどのように見えているのかは分からないので)逆にこういう実際のベイトフィッシュにはありえないカラーの方が、状況によっては魚が釣り続くこともありますよ
もっともルアーカラーはルアーフィッシングに於ける優先順位的には結構下の方の要素で、その真の目的は『アングラーの集中力・モチベーションの維持』とオジサンは最近思っている訳ですが

2012/05/24 (Thu) 07:31 | EDIT | REPLY |   
ばんぱく  

>はっちさん
元ネタは『はぐれ刑事純情派』というドラマタイトルです(笑)。ね、全然深い意味はないでしょ?

2012/05/24 (Thu) 07:40 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply