『銀粉』

ばんぱく

ばんぱく

様々な流行トレンドが生み出されては、次々と消えていくのがこの世の常ではありますが

 最近、シーバスフィッシング及びソルトウォーターゲームの世界に於いて、一部のソルトウォーターゲームアングラーの間で、何だかやたらと持て囃されているのが、ルアー表面(若しくはボディ素材そのもの)に

銀粉

による処理(フィニッシュ)を施した、銀粉仕様ルアーの数々

 従来のホログラム処理メッキ処理と違い、銀粉が発する独特のナチュラルかつ地味な輝き(フラッシング効果で、魚がスレることなく釣れ続けるというのがどうやら大きなウリらしく
 雑誌記事によると、あまりにも魚が釣れ過ぎるので、メーカーによっては敢えて生産数を抑えているとのことなんですが・・・(品薄感を自己演出か?)

コレって、本当にそれほど他のカラーや表面処理と劇的に効果が違うものなのでしょうか?

 どうもちょっと前にやはりプチブームとなった、『ケイムラ』アワビ』と同じ臭いが個人的にはプンプンするのですが・・・

 アワビ』の時もたしか同じようなこと(ホログラム処理メッキ処理と比べて、ナチュラル輝きが云々)を言ってなかったっけ?(笑)

 コスメ業界ファッション業界と同じで、昨今のルアーメーカーメーカー側から積極的に既存ユーザーに向けて、色々と新しいムーブメント?を仕掛けていかないといけないので、なかなか大変なようです

 でも、どうせなら高価銀粉ではなく、魚の鱗の色素(グアニン)に一番近いと言われている、アルミニウム粉を使ってみればいいのに・・・と思うんですけどね(でも、それだとルアーメーカーの儲けになんないか(^_^;)

銀粉 新たなるトレンド ケイムラ、アワビに続く第三段 昨今のルアーメーカーはユーザーの興味を引くために色々と努力をしています

関連記事
最終更新日-0001-11-30
Posted byばんぱく

Comments 4

There are no comments yet.
玉の越  
No title

こんにちは。お久しぶりです。

演劇にお料理、色々と趣味もお広いようで充実していて楽しんでますね。

新商品ですが特に最近は中身はほぼ同じなのに1部分変わっただけでそこを猛烈に
商品アピールするのが当たり前になってきましたね。
こんなの意味あるのかな?って思ってるアングラーも少なくはないと思います。
生意気なことを言っても中古にお世話になってる自分には偉そうなことは言えませんが・・・。

余談ですが地元釣行で4月に入ってから特に最近は魚の気配がムンムンです♪
しかしデカイのばかり活性が良いみたいでスレが怖いです。
先週4~5センチくらいの鱗をスレでお土産で付いてきました。
大きさはどれくらいなのか見てみたかったです。
青魚か草魚でしょうか?
そろそろばんぱくさんも出撃ですかね?

それではまた。

2012/04/24 (Tue) 15:32 | EDIT | REPLY |   
ばんぱく  

玉の越さん、おはこんばんちは。お久しぶりです。コメントありがとうございます

メーカー側も新しい要素を作り出して、ユーザーに如何にして新商品(ニュールアー)を買ってもらおうかと色々と試行錯誤を繰り返しているみたいですね(笑)。でも、結局最終的に生き残るのは、所謂『定番商品』ばかりのような気がしますが…

そろそろご近所釣行に行きたいのですが、週末になると悪天候だったり、別の予定が入ったりして、なかなか実行できずにいます(^_^;)。まだ、リバーシーバスはシーズンが早いですしねー

2012/04/25 (Wed) 07:03 | EDIT | REPLY |   
タカヲ  
No title

色んな仕様や色が増える度に激プッシュされるので最近は懐疑的になって来ました…

>あまりにも魚が釣れ過ぎるので、メーカーによっては敢えて生産数を抑えている

↑もうこの一文だけでお腹いっぱいです(笑)

実際釣れるか釣れないのかは使って無いので判りませんが、
こう言うのは、使い手の狙い続けるモチベーションとかメンタルな面での釣果UPには役立っていると思います。
以前、全く釣れなかった苦手な色のルアーにアワビシートを張ったら、
いきなりチヌとヒラメが釣れて歓喜した(今思えばまんまとハマった)事はありますね。

2012/04/25 (Wed) 15:07 | EDIT | REPLY |   
ばんぱく  

タカヲさん、おはこんばんちは。コメントありがとうございます

そうそう、結局対魚効果というよりも、良く言えばアングラーのモチベーションや集中力の維持、悪く言えば如何にしてアングラーを騙くらかして魚が釣れそうだなぁと思わせるかの要素でしかないんですよね
どんな奇抜なカラーリングや表面処理であっても、そのアングラーにとって魚がバカスカ釣れるカラーリングなら、そいつはある意味『リアルカラー』なんですよ(リアルに魚が釣れるちゅー意味では)

2012/04/26 (Thu) 07:34 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply