Welcome to my blog

『ゲロゲ~ロルアー、Z!!(ゼェッッット!!)』

ばんぱく

ばんぱく

 3月に入ってからというもの、関東地方は週末になると何故か気温低下』『冷たい雨』『雪』と言った、釣りにとってはマイナス要素ばかりの悪天候のオンパレード(とは言え、釣っている人はこのタフコンディション下でも、しっかりと魚を釣っているんですけどね)
 まるで『関東のサンデーアングラーは釣りに行かず、自宅に籠っているがよい』と云わんばかりの天空の神々の所業に、個人的に憤りを隠せない今日この頃、皆様如何お過ごしでしょうか?

 さて、昨日Facebookで予告した通り、今日は近所のTBに行ってきたのですが、そこでとんでもない掘り出し物(と言うか『異星生命体(エイリアン)的なブツ』)と遭遇し、即行で捕獲(保護)してきました

そいつがコレ

        RSDF3

『リバー2シー/ダイバーフロッグ』
 かの『のんだくれ総帥』率いる秘密組織『N.I.B.トレーディング』で取り扱っている、Mr.ラリー・ダルバーグ謹製変態ルアー・・・じゃなかった、超革新的かつエッジな設計思想に基づいて造り出された、カエル型ハードベイト』です

        RSDF1

 あ、ちゃんとパッケージ付属品一式含めてすべてが入ってますが、決して新品ではなく、歴とした『中古ルアー(新古品)』です(おそらく以前のオーナーが殆ど使うことなく、未使用品同然で売りに出してしまったのではないかと)。因みに運がいいのか悪いのか(苦笑)、かなり格安でゲットできました

        

 このルアーの詳細については、リンク先ののんだくれさんのところで確認してもらうとして(本家と同じようなことを書いたところであまり意味ないと思うしね)、よくもまあこんな奇妙奇天烈な面白デザインのルアーを考え付いたなぁと言うのが、実物を実際に手にとってみての正直な個人的感想(^_^;)

        RSDF2

 パッケージにも書いてある通り、『キック』『ダイブ』『ポップ』『スイム』すべてのアクションをこなすために、このような独創的なデザインを考え出し(特に『ウィードガード』『リップ』の役目を兼ねた、透明軟質樹脂素材で作られた『ダイビングリップ』のデザインは秀逸)、更にあの独特のカエル泳ぎアクション(脚の動き)を再現するために、他の軟質系素材と比べて強度面では優れているものの、保管という観点から見るとかなり難のある『軟質エラストマー素材』『レッグパーツ』としておそらく敢えて採用したのでしょうが(『レッグパーツ』が駄目になった時を想定してなのか、何と最初からデフォルトで『スペアレッグパーツ』と、『レッグパーツ』を交換する時に使う『専用ツール』付き(但し、この『レッグパーツの交換』は、のんだくれさんに言わせるとかなり難があるものらしいです))

        RSDF4

 もし国産ルアーメーカーだったら、いちいちこんな手の込んだことはせずに、ボディを含めてすべて『軟質エラストマー素材』を使って、間違いなく『一体成型』で作っているところでしょうな(その方が結果的にルアーがたくさん売れるしねー←さりげなくいつもの毒発言
 この辺は開発者の『ラリー・ダルバーグ氏』のこのルアーに対する拘り(ルアーオタク気質)みたいなものを何となく感じさせてくれますねぇ(すべての試みが本当に巧く機能しているのか?については、残念ながらまた別のお話ですけどね(^_^;)

        RSDF5

 あ、そうそう。のんだくれさんが危惧?していた、ベリー部分のネームプリントはちゃんと入っていました。『もう少し大きい文字でネームプリントを入れてもよかったんじゃないの?』とちと思わないでもありませんが、昨今はこういうあまり自己主張しない控えめなネームプリントで済ますのが流行りなんでしょうね、きっと

 ルアーボディサイズの割には、ウェイトが1オンス(約28グラム)と重めの設定なので、このルアーの性能を100%発揮させたいのならば、やはりミディアムアクション以上の硬めでパワーのあるベイトタックルが組み合わせ的にベストでしょうなぁ。但し、あくまでバスフィッシング用に開発されたハードベイトフロッグなんで、ライギョゲームに転用して使ってみようなどとは考えない方がいいみたいです(ボディ強度&採用されている各パーツの強度的に、ライギョゲームに使うにはちと無理があるらしい)

        RSDF6

 それにしてもここ最近、何故か『N.I.B.トレーディング』で扱っている舶来ルアーと何かと縁があるなぁ(^_^;) 。自分がルアーを呼んでいるのか、それともルアーが自分を運命的に手元へと引き寄せているのか…(『ベルセルク』『ベヘリット』扱いかよ(苦笑))

 現時点では、まだ参加&出品するかは未定だけど、7月開催予定『リールズフリマ』で、もしコイツを出品したら、カエルルアー好きの方には高値で売れるものなのですかねぇ(笑)

ゲロゲ~ロルアー、Z!!(ゼェッッット!!) ダイバーフロッグ リバー2シー N.I.B.トレーディング ラリー・ダルバーグ カエル型ハードベイト のんだくれさん

関連記事
最終更新日-0001-11-30
Posted byばんぱく

Comments 4

There are no comments yet.
チョビン  
No title

こんにちは!

こんな拘りのある蛙ルアーってあるんですね。

好きな方は欲しいでしょう!

2012/03/19 (Mon) 13:10 | EDIT | REPLY |   
ばんぱく  

チョビンさん、おはこんばんちは。コメントありがとうございます

こんなに泳ぎ方が気持ち悪…もといリアルな動きのカエルルアー(然もハードベイト)を作り出してしまうアメリカンルアーの奥深さを思わず感じずにはいられないルアーですね

2012/03/19 (Mon) 16:01 | EDIT | REPLY |   
銀時  

動きハンパないっすね!!
リアル過ぎて気持ち悪いっすΣ(-∀-;)

間違いなくナマズや雷魚に良さそうですが、雷魚に喰われたら一撃でクチャクチャになりそう(笑)

2012/03/20 (Tue) 01:27 | EDIT | REPLY |   
ばんぱく  

銀ちゃん、おはこんばんちは。コメントありがとうございます

開発者がとにかく拘ったのが、カエルのあの遊泳姿勢を如何にして再現するかだそうで
その結果生み出されたのがこの特徴的なデザインのオリジナルリップなんだとか
フック自体にライギョのパワーに耐えるほどの強度がないらしいので
ライギョに使った場合、脚どころかボディまで破損する可能性大です

2012/03/21 (Wed) 09:44 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply