Welcome to my blog

『YO-ZURI(ヨーヅリ)/サシミジャークベイト(SP)』

ばんぱく

ばんぱく

 国産ルアーによる『日本でのルアーフィッシングゲームの歴史』を、主に『ソルトウォーターゲームシーン』に於いて長い間支えてきた老舗国産ルアーメーカーの一つと言えば、今ではブランド名となってしまった『YO-ZURI(ヨーヅリ)(現デュエル)』の名前が間違いなく挙げられる訳ですが

 さて、この『YO-ZURI(ヨーヅリ)』という老舗国産ルアーメーカーですが、『アームズシリーズ』『クリスタルミノー』『タキオンミノー』『ブランカ』と言った数々の名作ルアーを世に送り出す一方で、その昔『アタックル』という自社ブランドから『クモ』『トンボ』『キンギョ』『デメキン』といった所謂『キワモノ系ルアー』も数多くリリースしておりました(笑)

 今回紹介するルアーは謂わば、その『YO-ZURI(ヨーヅリ)嫡流血統』『YO-ZURI(ヨーヅリ)傍流血統』との合の子に中るハードルアー(ハードベイト)と言ったらいいのでしょうか?(ところで『ヨーヅリ』って、資料によって『ヨーズリ』『ヨーヅリ』二つのカタカナ表記があるのですが、どちらが正しい表記なんですかねー?)

    YO-ZURISMJB1
『YO-ZURI(ヨーヅリ)/サシミジャークベイト(SP)』

 ボディ全体に『サシミフィニッシュ』という特殊な表面処理を施すことで、見る角度によってボディカラーが変わるというキワモノ的要素を取り入れた『変わり種ジャークベイト』ですね(メーカーの説明によれば、この表面処理(リブ)には、フィッシュイーターの側線を刺激する乱水流を発生させる役目もあるそうです)

    YO-ZURISMJB2

 因みにこのカラーリング『カメレオンアメリカンシャッド』というカラーで、見る角度によって『ゴールドグリーン』に見えたり、『シルバーブルー』に見えたりします。クリアーウォーターにもマッディウォーターにも対応できる汎用性の高いカラーですね

    YO-ZURISMJB3

 おそらくルアーアクションを重視しているからなのか、飛距離ばかりを重視しがちな国産ジャークベイトには珍しく、敢えて『固定重心』を採用。タダ巻きでは基本的にタイトウォブンロール、トゥイッチ&ジャークを加えることで上下に激しくダートし、イレギュラーアクションとボディのリブが生み出す乱水流で魚にアピールするという寸法

 で、キング・オブ・アメリカンジャークベイト』である『ロングA』リスペクトしているからなのか、どうやらラトル(然も音質からしてグラスラトル頭部に封入されているようなのですが、これはシーバスゲームに投入する際には、濁り強いウネリが入っている状況でもない限り、基本的にはあまり要らない要素ですかねー

    YO-ZURISMJB4

 そのキワモノ的要素災いしてか、やっぱりというか、案の定というか、国内市場ではあまり人気がないようですが、欧米市場ではそれなりの高い評価を受けているハードルアー(ハードベイト)のようです。同メーカー『ラトリンバイブ』と同じ立場ってことですかね(苦笑)

サシミジャークベイト(SP) YO-ZURI(ヨーヅリ) キワモノ的要素を取り入れた『変わり種ジャークベイト』 サシミフィニッシュ

関連記事
最終更新日-0001-11-30
Posted byばんぱく

Comments 6

There are no comments yet.
銀時  

見る角度でここまで色が変わるのは凄いですね!!
どこのメーカーかは解りませんがサシミって名前が付いてまんま骨模様のルアーがあったんですが、あれもヨーヅリなんですかね?
ばんぱくさん知ってます~?

2012/02/03 (Fri) 11:18 | EDIT | REPLY |   
しんぱく  
No title

これのトップは見たことがあるんですが、リップ付があったんですね。

上から写真のカラーだとはバチが真ん中にいますね(笑)

2012/02/03 (Fri) 19:33 | EDIT | REPLY |   
ばんぱく  

銀ちゃん、おはこんばんちは。コメントありがとうございます

もっとも魚にも同じように色が見えているかどうかは分からないのですが(汗)

サシミという名前のルアーはコイツしか知りませんが、骨をモチーフやデザインに取り入れたルアーって案外色々とあるんですよね。昔ダイワから出ていたルアーでクリアーボディで骨を内蔵しているものがありましたし

2012/02/03 (Fri) 22:28 | EDIT | REPLY |   
ばんぱく  

しんぱくさん、おはこんばんちは。コメントありがとうございます

この『サシミフィニッシュ』自体、元々はヨーヅリのキワモノ系エギの表面処理方法として生み出されたものをルアーにインスパイアしたものなんですよね
今ではサシミファミリーも増えて、ジョイントルアーやバイブレーションにもこの『サシミフィニッシュ』が施されたものが発売されています
背中側からの写真、たしかにバチが一匹潜んでいますね(笑)

2012/02/03 (Fri) 22:34 | EDIT | REPLY |   
関門プロの弟子  
ヨーヅリのイカスッテ15年以上

2000年から(北九州空港工事始まり)流れおかしくなり、5年からシリクサレも入らない。温暖化岸壁に牡蠣もワカメ、海藻が無い。3年前ずっと使ってたのが製造中止になる。探して10年分買い込みました。まあ、腕はプロの弟子として、大の男を一週間で7人私の座った場所に一人づつ増えて、あきらかに釣れてなかった。私はだいぶ離れた訓練船の船首で持って帰れるぶんを釣って帰りました。
昨日3年ぶりに行って一匹20分くらいで帰りました。楽しかったけどこの病はまだまだゆうことをきいてはくれない。
ちびちび出かけたいなあと思ってます。旦那の大好きイカ釣りに。

2012/04/13 (Fri) 22:11 | EDIT | REPLY |   
ばんぱく  

関門プロの弟子さん、はじめまして。初コメントありがとうございます

ヨーヅリのルアーは特にソルト用ルアー関連は『漁具』的な発想で作っているものが多いせいか、一般には理解されずに埋もれしまうモノが多いんですよね(中にはキテレツすぎて、どう考えても駄目だコリャってモノもありますが)
もっとも自分みたいなマイナー志向のアングラーにとっては、商品を安く入手できるのでありがたい話ではありますが

2012/04/14 (Sat) 15:20 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply