Welcome to my blog

『ブレイクモア/トラブルシューター』

ばんぱく

ばんぱく

では次

以前、『ルアーギャラリー』で紹介した、某国産ルアーメーカーがパクったルアーオリジナルがコイツ

    BMTS2
『ブレイクモア/トラブルシューター』

 但し、オリジナル『トラブルシューター』はたしかシャロークランクベイト(モデルのみ?)だったような気がしないでもないので、もしかしたらコイツも『名もなきコピー商品』の可能性が捨てきれないのですが・・・(;・∀・)

 リップの根元にある吸水口から水を取り入れ、背中と腹にある排水口から水を排出するという構造は某国産パクリルアーとまったく同じですね(当たり前だけど)
 よってこのルアーに関しては、今更取り立てて書くことが正直あまりありません(;^_^A。某国産パクリルアーの記事を書いた時に殆ど説明すべきことは一通り書いちゃったし(爆)

    BMTS1

 敢えて書くとすれば・・・工作精度的には、某国産パクリルアーの方が全然上ですかね(笑)。粗雑なボディ左右の貼り合わせ部分のパーティングライン処理なんか、日本人の感覚から見るとドイヒーなもんですしね。国産ルアーメーカーなら、間違いなく検品段階でハネられてしまうレベルの作りでしょう

    
 し・か・し、それらの欠点を一番重要なルアーアクションでカバーしてしまうのが舶来ルアーの恐ろしいところ。たしかに魚にとっては正直な話、リアルで綺麗な見た目はまったく関係ないですもんね(笑)

    BMTS3

 ボディ表面には『レーベル』『クロスハッチ処理』を彷彿させるモールドが刻まれているのですが、やはり『レーベル』と同じく、水の剥離効果を狙ってのモノなのでしょうか?

    BMTS4

 以前TBでたまたま入手したブツなのですが、かなりの年代物らしく、フックやリングは錆錆、ボディにもペイントロスがこびりついている箇所がいくつもあり、実戦で再び使うには、ちょっとしたレストア&再調整作業が必要となりそうです

あくまでも参考資料用ルアーですかね(笑)

トラブルシューター ブレイクモア 変わり種クランクベイト 見た目の悪さをルアーアクションでカバーしてしまうのが舶来ルアーの恐ろしいところ 本当に貴様はブレイクモアなのか? 舶来ルアー・・・なんて恐ろしい子!

関連記事
最終更新日-0001-11-30
Posted byばんぱく

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply