Welcome to my blog

『ノーマルスプール、受難の時代到来か?』

ばんぱく

ばんぱく

二日続けてリールネタもどうかと思ったのですが、今ちょっと仕事が立て込んでいて、平日はうちに帰ってからルアー紹介記事を書く余裕がないんですよね(-o-;)

さて、昨今のスピニングリールですが、細くて引っ張り強度があるPE系ラインが普及したことにより、1.5号ラインの糸巻き量が150m程度のいわゆる『シャロースプールモデル(浅溝仕様)』がどんどん増えてますね
 モノによっては最初から『シャロースプールモデル』しかラインナップされていない機種もあるほど(例.エギング用スピニングリールなど)

            NUAV2500S

要するに細いPE系ラインが主流になってきたことにより、大量の下巻きラインが必要、かつ下巻きラインによるデッドウェイトを嫌うユーザーが増えてきたため、それに対する方策として、いわゆる『シャロースプールモデル』が増えてきたのだと思うのですが

これって何もスピニングリールに限った話ではなく、最近のベイトキャスティングリールでも、浅溝で糸巻き量100m前後のブランキング仕様の軽量スプールが持て囃される傾向にあるようです

ただ…この傾向って、ナイロンライン&フロロカーボンライン愛好家には、非常に困る話なんですよね。1.5号の太さのナイロン&フロロカーボンラインなんて、ポンドテスト強度による引っ張り強度で言ったら、良くて8ポンドくらいでしょう
 このくらいの太さのラインでも、アングラーの腕が良ければ、大物とのやりとりに支障がある太さではありませんが、釣り初心者が決して安心してやりとりできる太さではありません(魚に根に潜られたらまずアウト)
 ましてこの太さのラインで、効果的なトゥイッチや真のジャーキングを行うことはおそらく無理(※基本的に巻き抵抗が少なく、軽量な小型ルアーしか使わない管釣りトラウトゲームは除く)

それに『ノーマルスプール』を下巻きやエコノマイザーなどを使って浅溝仕様にすることは出来ても、逆に『シャロースプールモデル』をノーマルスプールと同じ糸巻き量にすることはできませんからね

もっとも最近は、特に国内二大リールメーカーでは、別機種間でのスプールの互換性があるものが増えてきているので、要するに『シャロースプールモデル』しかラインナップされていない機種で『ノーマルスプール』が必要であれば、そちらで『ノーマルスプール』のみを取り寄せてくれという話なのでしょうが、よくよく考えるとちと乱暴な話と言う気がしないでもありません(ユーザーに対して、結果的に余計な出費を強いる訳ですから・・・)

おそらく今後はジギングゲーム青物ゲームといった、糸巻き量がどうしても必要なゲームに使うスピニングリール以外は、この『シャロースプールモデル』がいずれ主流となっていくのでしょうが(特に細いPE系ラインの使用率が高いソルトウォーターゲームでは顕著かと)、自分みたいにあまりスプールの重さを気にしないアングラーにとっては、従来の汎用性が高い『ノーマルスプール』の方が有りがたいんですけどねー(-з-)

もっともこういった傾向は、もしかしたら日本だけかも知れませんが┐(´∇`)┌

ノーマルスプール、受難の時代? シャロースプールモデル PE系ライン専用スプール 極細ラインに特化したスプール

関連記事
最終更新日-0001-11-30
Posted byばんぱく

Comments 2

There are no comments yet.
さそり君  
深溝派です

僕は深溝派ですね。

ぱんぱくさんが仰る通り浅溝を深溝には出来ませんからね。
逆はいくらでも出来るので浅溝のリールは買ったことがありません。

2011/05/10 (Tue) 19:38 | EDIT | REPLY |   
ばんぱく  

さそりさん、こんばんは。コメントありがとうございます

ところが最近は本当にシャロースプールモデルのみというスピニングリールが増えてきているんですよね
最近、『おっ』と思ったマイナーメーカーのスピニングリールがあったのですが、残念なことにシャロースプールモデルしか存在しませんでした
かなりライトジギングを意識したモデルだったんですけどねー

2011/05/10 (Tue) 21:31 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply