Welcome to my blog

『マリア・オフィス/トップシーアミ』

ばんぱく

ばんぱく

喩え国産メジャーメーカー製のルアーであっても、ユーザーにその有効性や使い道が理解されず、姿を消していったルアーはそれこそ枚挙の暇(いとま)がない訳ですが、このルアーもそんな『栄光無き天才たち的ルアー』の一つ

TSA2

『マリア・オフィス/トップシーアミ』

ソルトウォーターゲームの雄、『ヤマリア』がまだ『マリア・オフィス』と名乗っていた頃に発売された、ソルトウォーターゲーム用バイブレーションプラグです

見た目は一見したところ、一般的なバイブレーションプラグ(全長80ミリ、ウェイト16グラム)にしか見えませんが、実はこのバイブレーションプラグ、限りなくサスペンド設定に近い比重設定がなされたスローシンキング仕様バイブレーションプラグなのです。要するに本格的な『シャローレンジ対応ソルトウォーターゲーム用バイブレーションプラグ』ということですな

TSA3

浮力を稼ぐために敢えて中空ボディを採用し、尚且つバイブレーションプラグには珍しく『マグネット式重心移動システム』を内蔵しているため、いわゆるフローティングバイブレーションに有りがちな『ウェイトが軽い&固定重心採用で飛距離が出ない』ということもありません(空気抵抗となるリップが無いため、かなりぶっ飛びます

TSA4

基本的な使い方は、常にロッドを立てた状態でのミドル~ファーストリトリーブでのタダ巻きですかねー(河川ではU字効果を狙った『ドリフト』もかなり有効)
 いわゆるサブサーフェス系ミノープラグと違って、デッドスローリトリーブ~スローリトリーブメインで使うにはちょっと厳しい代物ですが、ミドル~ファーストリトリーブメインであれば、まったく問題なく使用できます(因みにリトリーブ中に適度なロッドワークを加えると、小幅ながらもダートアクションも見せてくれます)。普通のバイブレーションプラグでは、攻略できないような浅瀬でも使えるのが、このルアー最大の強みでしょうね

TSA1

個人的にかなり使い勝手が良かったルアーなのですが、同社のソリッドボディバイブレーションプラグの名作『マールアミーゴ』のような定番商品になることなく、極めて短期間で市場から姿を消したように記憶しています。数少ないシャローレンジ攻略用バイブレーションプラグとしては、なかなか完成度が高かったんですけどねぇ(ア○マのルアー並みの弱々な表面塗装強度は別にして)。合掌

【本日のオススメ★オタッキーソング】
久々に動画ネタ復活っっっっーーー!!マイナー作品?のEDだけど、なかなかいい曲

【剣風伝奇ベルセルクED/Waiting So Long】

トップシーアミ マリア・オフィス ヤマリア シャローレンジ攻略用バイブレーションプラグ 栄光無き天才たち的ルアー おそらく廃盤品 剣風伝奇ベルセルクED/Waiting So Long

関連記事
最終更新日2018-07-04
Posted byばんぱく

Comments 2

There are no comments yet.
銀時  

ばんぱくさんの話なら、これってかなりの完成度なんじゃないんですか~☆

たぶん今売ってたら間違いなく買ってしまいます(^_^;)素直に欲しいと思いました(笑)

2011/04/11 (Mon) 01:03 | EDIT | REPLY |   
ばんぱく  

銀時さん、おはようございます
コメントありがとうございます

う~ん、未だに何故廃盤になったのかが理解できないんですよね(結局はあまり売れなかったことに尽きるのだと思いますが…)
察するに時代を先取りしすぎて、発売されるのが早すぎたんだと個人的には考えています

2011/04/11 (Mon) 07:31 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply