Welcome to my blog

『バスマン/ファットギジット』

ばんぱく

ばんぱく

先程、結構長い付き合いの友人から心温まるメールを貰い、久々に一人男泣きしてしまった者です。こんばんは

今回は相当懐かしいルアーに登場していただきましょう

    BFG1
     
『バスマン/ファットギジット』

もちろん故ボビー・ガーランドによる『オリジナルギジット』です。今でこそ『チューブワーム』なんてコジャレたカテゴリーネーミングが付けられていますが、当時の日本ではこのタイプの『ソフトベイト』はみんな『ファットギジット』『ギジット』と総称されていたんですよねー

画像のブツはたしか自分が中学生くらいの頃に購入したものなんで…ジグヘッドを含めて、おそらく25年以上前のブツですな(笑)

現在の『ソフトベイト』は、袋に纏めて複数パックされたものを購入するのが普通ですが、当時は『ソフトベイト』と言えども学生にとってはまだまだ高価な代物で、良心的なお店だと『ソフトベイト』をバラ売りしてくれたんですよね(ワームボックスに入れられた色々なワームを自分の好みでチョイスするバイキング形式)。この『ファットギジット』はたしか一つ80円だか100円くらいで購入したような気がします

                 BFG3

『ファットギジット』と言えば、最大の特徴はこの中空ボディ。一般的にはこの中にジグへッドを挿入して使う訳ですが、アングラーによってはボディ内部にバレットシンカーを挿入した状態でテキサスリグスタイルで使ったり、シモリ玉浮きや発泡素材を挿入し、水面に浮くようにして使う人もいましたね
 あと自分がよくやった手法ですが、ジグヘッドのシャンク部分に赤い毛糸を巻き付け、ボディ内部にジグジュースやワームオイルなどの集魚剤を注入して、毛糸の赤毛糸に集魚剤を含ませることで色と臭いによるアピール効果を持たせるなんてこともやりました

                 BFG4

『ファットギジット』を含めた『チューブワーム』と言えば、ナチュラルなスパイラルフォールアクションがウリですが、個人的にはスパイラルフォールでボトムまで沈め、その後はボトムを跳ねて逃げ回るエビをイメージして使うことが多かったですね
 
あと敢えてスイミングワーム的な使い方をすることもありました

たしかこの『ファットギジット』が日本で発売された後、国産ルアーメーカーの『スミス』からコンドーム的デザイン(笑)の『プローバー』という『チューブワーム』が発売されたと思ったのですが、こちらは自分は結局一度も使わなかったですねー

    BFG2

今では『ソフトベイト』自体殆ど使わなくなってしまいましたが、ボトムで甲殻類をついばんでいるようなシーバスやロックフィッシュに結構効果的なんじゃないか?って気もします

ファットギジット バスマン ボビー・ガーランド チューブワーム プローバー

関連記事
最終更新日-0001-11-30
Posted byばんぱく

Comments 14

There are no comments yet.
Megaceryle lugub  
No title

ばんぱくさん、こんばんは。
ファットギジット懐かしいですね、クリアなダム湖でジグヘッドリグ、ウィードやオダ周りでテキサスリグと、大変活躍致しました。当時は、バスプロショップスの個人輸入で大量に買い込んだものでした。

2011/04/05 (Tue) 21:28 | EDIT | REPLY |   
チョビン  

こんばんは

大昔にびわ湖で使用しておりました

当時はお金がなかったのでほとんどワーム系

これは針持ちもよくて根がかりしない限りなくなりませんでした

ジグヘッドの形によっては非常に卑猥な形状になるので

友人はチ〇ポコヘッドと呼んでおりました

最近使う人が少ないので活躍するかもです

っていうか全く知らない人がいるかもしれませんね

2011/04/05 (Tue) 21:50 | EDIT | REPLY |   
ばんぱく  

Megacerylelugubさん、こんばんは。コメントありがとうございます

当時は色々な意味で画期的なソフトベイトでしたね。中空ボディ故にアングラー次第で様々な工夫が可能でしたし
アピール力が高く、ジグヘッドを使っても根掛かりしにくい点も他のワームと比べて大きな利点でした

2011/04/05 (Tue) 22:26 | EDIT | REPLY |   
ばんぱく  

チョビンさん、こんばんは。コメントありがとうございます

今では各メーカーから様々なチューブワームが出ているので、ファットギジットが元祖チューブワームであることを知らない人も多いでしょうね
たしかに挿入するジグヘッドの形状によっては、かなり卑猥な形になりますね(笑)。もっともそれ故に様々な使い方が可能なのですが

2011/04/05 (Tue) 22:31 | EDIT | REPLY |   
FJ  
No title

んー、知りませんでした(笑)
僕も一時、チューブワームはよく使ってました。どこのか覚えてませんが。
ばんぱくさんが書かれているようにボトムのエビのイメージでしたね。
あとは岸壁沿いのフォールでよく釣れました。
無意識のうちに使わなくなってしまいましたけどね……

2011/04/05 (Tue) 23:07 | EDIT | REPLY |   
ばんぱく  

FJさん、こんばんは。コメントありがとうございます

昔はチューブワームと言ったらコイツしかなかったんですよね。それが今では種類、サイズともに色々ありますからねー
関西と言えばシラサエビを使ったハネ釣りが盛んですが
ということはこういうチューブワームは意外とシーバスに効果があるんじゃないかなぁと思うのですが
ジグヘッドを使う割には根掛かりも少ないですし、ボトム攻略の手段の一つとして試してみても損はない気がします

2011/04/06 (Wed) 00:32 | EDIT | REPLY |   
荒ぶる天パ  
No title

これまた懐かしいワームですね~
でも、僕チューブワームはダウンショットでしか釣ったことないです><
コレでハネってマッチザベイト的で面白そうですね!

2011/04/06 (Wed) 10:12 | EDIT | REPLY |   
ばんぱく  

荒ぶる天パさん、こんにちは。コメントありがとうございます

チューブワーム自体、エビの姿を模したものらしいのでおそらくシーバスにも有効だと思うんですけどね。マッチ・ザ・ベイト的にも、リアクションベイト的にも使えそうですし

2011/04/06 (Wed) 10:57 | EDIT | REPLY |   
arb1200  
アイレット

 ジグヘッドのアイの位置で根ガカリを回避している気がします。写真のものが所謂フックに対して90度のものなので最も引っかかりが少ないジグヘッドです。ただし、バスフィッシングなどで引っ掛けて外した時に生じる不規則な動きで釣りたい場合には適しません。
 その不規則な動きを出したいがために、引っかかるが抜けてくれる、丁度良い角度ということで60度というアイが市場に出回っています。
 ブログのどっかに書いた気がしますが、日本人アングラーにはまだまだ知られていない、(米国の)バスプロたちのちょっとだけシークレットなお話かと思います。

2011/04/06 (Wed) 19:12 | EDIT | REPLY |   
ばんぱく  

arb1200さん、こんばんは。コメントありがとうございます

たしかにあのジグヘッドのラインアイの位置とボディ内部に挿入するというセッティング方法が高い根掛かり回避力を生み出しているのでしょうね

ジグヘッドのラインアイの位置って結構重要で、少し位置が変わるだけでワームの動きやフォール姿勢、すり抜け性能が大きく変わりますからね

チューブワームへのジグヘッドのセッティング位置をわざとズラすことで、イレギュラーに動くようにするなんていうのは良く行われる手法ですよね

2011/04/06 (Wed) 22:26 | EDIT | REPLY |   
スローライフ  
No title

チューブと言えば、エバーグリーンのリアクションチューブだな~♪

アメちゃんのは、雑過ぎて、嫌いだった。(^^;)

2011/04/06 (Wed) 23:37 | EDIT | REPLY |   
ネルソン  
No title

ファットギジットが出始めの頃は地元で売ってる店がありませんでしたので通信販売で購入してました。
周りで使ってる人がおりませんでしたので良く釣れたものでした。
それはそうとプローバーですが、記憶から消えてましたが、この記事で記憶が蘇りました(笑)。
確か大きさが小さいのと大きいのがあって、私は小さい方を買って使った記憶があります。
小さいバスは釣った記憶はありますが、いい思い出のないまますぐに使わなくなりました。

2011/04/07 (Thu) 03:54 | EDIT | REPLY |   
ばんぱく  

スローライフさん、こんばんは。コメントありがとうございます

たしかに国産のチューブワームは仕上がり(成型)がキレイなのですが、時としてアメ物に圧倒的に釣り負けることがあるんですよね。理由は何故だかよく分かりませんが

2011/04/07 (Thu) 19:40 | EDIT | REPLY |   
ばんぱく  

ネルソンさん、こんばんは。コメントありがとうございます

たしかにプローバーは二つのサイズがありましたね。ファットギジットと違って、ボディにいくつかのクビレがあり、チューブワームというよりもタコベイトに違い外見だったような気がします
チューブワーム自体、最近は使う人があまりいないので、今の方が流行っていた時期よりも効果的なような気がします

2011/04/07 (Thu) 19:47 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply