Welcome to my blog

『悪天候とシーバスゲーム』

ばんぱく

ばんぱく

今日の関東地方は12月下旬並みの低気温に加えて、降りしきる冷たい雨と釣りをするには最悪のコンディション

どうも今年は秋本番を迎えぬまま、このままに突入しそうな勢いです

さて、『雨』『風』『ウネリ』『濁り』といった、いわゆる『悪天候』は、基本的にシーバスゲームにとって、概ねプラスに働くと言われています

これは何もシーバスに限った話ではなく、一般的に低気圧が近付くと、増水や時化などで状況が悪くなる前に餌を捕食しておこうと、魚の活性が高くなるからとされています

特にシーバスの場合は、夏場は降雨による表層水温の低下、水中の溶存酸素量の増加、雨雲で日が遮られることにより、シーバスの活性が上がり、日中でも活動範囲が広がる、人的プレッシャーが低下するなどメリットとなる点が多く、基本的には良いことづくめです

             SeabassPoint

例を挙げると、リバーシーバスゲームの場合、真っ先に濁りが入る『小河川や用水路との合流点』が狙い目となります(濁りを嫌って本流に逃げてくるベイトを、合流点でシーバスが待ち構えていることが多いため)
これは河口域でも言えることで、荒れた海を嫌って逃げ込んでくるベイトや、降雨後の増水により上流から流されてくるベイトを、やはり河川の合流点と同様に、効率よく捕食しようとシーバスが待ち構えている訳です

海のシーバスゲームにおいては、何と言っても『磯のサラシ』が一番の狙い目でしょう。サラシが海面に広がることで、シーバスの警戒心が薄くなり、特に警戒心が強い『ヒラスズキ』の攻略が容易になります
また潮通しが悪いベイエリアだと、降雨による夏場の高塩分濃度の緩和、水質の浄化といったプラス効果が挙げられるでしょう

                cyouka
【友人の御長男が今月ボートシーバスで釣り上げた東京湾の75センチシーバス】

逆に『悪天候』のデメリットと言えば、秋から冬にかけては急激な水温の低下を招いてしまう、水中に過度の濁りを発生させる、『悪天候』の規模によっては、釣りそのものが成り立たず、地形を大幅に変化させたり、水質を極端に悪化させてしまう、日中でもシーバスが広範囲に散ってしまうため、シーバスの群れの動きが掴みにくくなる、そしてシーバスアングラーの活性を著しく下げてしまう(笑)といった点でしょうか

気温の高い夏場はまだ我慢できますが、強い北風が吹き、冷たい雨が降りしきる中での冬場のシーバスゲームは、レインウェアを着込んでいても、正直我慢大会か罰ゲームにしかなりえないですからねー(笑)

ましてや暴風雨雷雨などの危険度MAXでの釣行は言語道断

『天候』『気候』を含めた自然現象ばかりは、人間の力ではどうしようもないので、アングラーとしては、『天候』『気候』が良くても悪くても甘んじて受け入れるしかない訳ですが、個人的には、穏やかな天候の下でシーバスゲームを楽しみたいものです(←この軟弱者!!

悪天候 シーバスゲーム 低気圧 

関連記事
最終更新日-0001-11-30
Posted byばんぱく

Comments 2

There are no comments yet.
FJ  
No title

一昨日、いつもより厚着で行ったんですが、早朝の冷え込みがとても辛く震えるほどでした。
キャストするたびに腕にまで無駄な力が入って軽い筋肉痛です・・・。
で、昨日は完全真冬仕様で行きましたら、さすがにまだ暑すぎました(笑)

気温は寒く風も冷たいですが、水中で掛かってきた草や木を触ると温かいです。

2010/10/28 (Thu) 18:52 | EDIT | REPLY |   
ばんぱく  

> FJさん

> 一昨日、いつもより厚着で行ったんですが、早朝の冷え込みがとても辛く震えるほどでした。
> で、昨日は完全真冬仕様で行きましたら、さすがにまだ暑すぎました(笑)
> 気温は寒く風も冷たいですが、水中で掛かってきた草や木を触ると温かいです。

先月から今月にかけての寒暖の差が激しすぎて、気温の変化についていくのが大変ですよね。記事でも書きましたが、関東地方は12月並みの気温となってしまい、この急激な変化は、釣り場にかなりの悪影響を与えそうです。特に週末の台風によってトドメを刺されそうな予感がします(この時期にこれだけの勢力を持つ台風が上陸するのは、数十年ぶりかもしかして初めてのことではないでしょうか?)

2010/10/28 (Thu) 22:10 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply