Welcome to my blog

『アパパネ、中央競馬牝馬三冠を達成!!』

ばんぱく

ばんぱく

今年の日本競馬界『ナカヤマフェスタの凱旋門賞連対』に続き、喜ばしいニュースがどうやら続いているようで、昨日10月17日、京都競馬場で行われた3歳牝馬限定GⅠレース『秋華賞』において、一番人気の『アパパネ』が見事レースを制し、『メジロラモーヌ』『スティルインラブ』に続く、史上三頭目の中央競馬牝馬三冠馬の栄冠に輝きました

なお、『アパパネ』は二歳時の牝馬限定GⅠレース『阪神ジュベナイルフィリーズ』も制しており、過去に二歳時のGⅠレースも合わせて『中央競馬三冠レース』を制した馬は、日本競馬史上では、今までただ一頭『ナリタブライアン』のみという快挙なんだそうです

             Apapane_convert

さて、この『アパパネ』、改めて血統構成を見てみると、2400mという『クラシックディスタンス』をこなせる馬とはとても思えません(笑)
父系も母系もどちらかというとスピード勝負のマイル~中距離血統(父系ミスタープロスペクター系、母系ノーザンダンサー系)で、母親の『ソルティビッド』に至っては、現役時代の勝ち鞍は1200m以下という生粋のスプリンター(笑)
これも現役時代、ローテーションが過酷過ぎて(NHKマイルカップ⇒東京優駿(日本ダービー))どの馬も成し遂げられなかった変則二冠を初めて達成した、偉大なる父『キングカメハメハ』の血と、幅広い距離に適応する柔軟性を伝えるとされる父父『Kingmambo』の血の成せる業なのでしょうか(但し、父系であるミスタープロスペクター系に若干早熟で成長力の面で頭打ちになる傾向が産駒に共通して見られるため、古馬になってからの伸びしろについては、今後やや不安が残りますが…(※『キングカメハメハ産駒』に関しては、古馬になってからの成長力は今のところ未知数ですが、『アパパネ』より一つ上の『ゴールデンチケット』『フィフスペトル』の活躍を見ると、あまり期待できそうにない感じ))

おそらく次走は『エリザベス女王杯』を目指すことになると思いますが、『エリザベス女王杯』に出走するにしろ、他の古馬や牡馬を交えた『重賞レース』に出走するにしろ、いずれにしても『古馬との初対決』で、この馬の真価が問われることになるでしょうね

このままでも最優秀3歳牝馬のタイトルは間違いありませんが、これで今年中に開催される牡牝混合の『古馬GⅠレース』のいずれかを制することができれば、『エアグルーヴ』『ウオッカ』と並んで、しかも3歳牝馬年度代表馬(JRA賞)に選ばれるという偉業を成し遂げるかも知れません

それにしても、牡馬・牝馬でそれぞれ三冠を制した競争馬の馬主である金子真人オーナーは、ある意味では素晴らしい強運の持ち主ですな(これが競馬ゲームだと、ちっとも珍しくもないことですが(笑))

史上三頭目の中央競馬牝馬三冠馬 アパパネ そう言えばまた蛯名騎手だよね、今回の快挙も

関連記事
最終更新日-0001-11-30
Posted byばんぱく

Comments 4

There are no comments yet.
MACO  
No title

毎度です!!
ばんぱくさんのおっしゃる通りで、オークスは潜在能力の高さでカバー出来たとしても、他馬が成長しつつある状態で、この距離がどうか…。って思いっきり悩んだんですよね~。

自分も、適距離はマイルあたりだと思ってました。

更に小回りが苦手なキンカメ産駒。向いているのは京都の内回りより、阪神や府中の方が…。なんて思ってたんですが…。

そんなの関係ねぇ!!って感じでしたね(笑)

今回はESPも発動せず、逆にポンとスタートが良すぎたから、途中で下げてましたね。

なんにしても、3歳牝馬で年度代表馬。アリでしょ~(^^ゞ

ただ、ウォッカが居ない今、たおさなくてはならないのがブエナ。現在の成長時点で、この壁は相当高いような気が…。

あっ、ちなみに血統について少し語りましたが、ここまでが精いっぱい。あとは「府中ならトニービン買っとけ」位しかわかりません(笑)

2010/10/18 (Mon) 17:31 | EDIT | REPLY |   
じょんがり  
No title

オークスのときはこの血が対応出来ないのでは?と話題になりましたね。
僕もそれに乗った口です(笑)

エリザベス出るとしたらレッドやブエナと初顔合わせですかね。
今から楽しみです^^

金子さんは原監督と同じで何か持ってますよ。(阪神悔しい><)

2010/10/18 (Mon) 20:57 | EDIT | REPLY |   
ばんぱく  

MACOさん、こんばんは。コメントありがとうございます

> オークスは潜在能力の高さでカバー出来たとしても、他馬が成長しつつある状態で、この距離がどうか…。って思いっきり悩んだんですよね~。
> そんなの関係ねぇ!!って感じでしたね(笑)

潜在能力の違いと距離に融通が利く父系の血の成せる業ってところでしょうか。ただオークスでは、サンテミリオンに肉薄されたように、本来は中距離までの馬であり、2000mを越すと正直キツイかもしれませんね。

> なんにしても、3歳牝馬で年度代表馬。アリでしょ~(^^ゞ
> ただ、ウォッカが居ない今、たおさなくてはならないのがブエナ。現在の成長時点で、この壁は相当高いような気が…。

3歳牝馬限定レースは、どうしても古馬GⅠや3歳牡馬クラシックより格下と見られているので、3歳牝馬で年度代表馬となるには、年内にいずれかの古馬GⅠを1つ勝たないと難しいでしょうね。牝馬GⅠ路線にしても、すぐ上にブエナやディザイアといった女傑がいるので、なかなか厳しいと思います

2010/10/19 (Tue) 18:47 | EDIT | REPLY |   
ばんぱく  

じょんがりさん、こんばんは。コメントありがとうございます

> オークスのときはこの血が対応出来ないのでは?と話題になりましたね。
> 僕もそれに乗った口です(笑)

記事にも書きましたが、母が現役時代バリバリのスプリンターでしたからね。父系のミスプロ系自体、決して中長距離血統ではありませんし・・・。やはり父キンカメの競争馬としての能力が高かったのでしょうね

> エリザベス出るとしたらレッドやブエナと初顔合わせですかね。
> 今から楽しみです^^

強豪たちと歴戦を繰り広げてきたレッドやブエナが相手だと、正直ちょっと厳しいかもしれませんね。2000m以下のレースであれば、斤量差によるハンデがレッドやブエナにある分、互角の戦いをしてくれるかも知れませんが・・・。1ハロンという僅かな距離が、どう勝敗を分けるかが見物です

2010/10/19 (Tue) 19:00 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply