Welcome to my blog

『バーンズ/リビングデッドスペシャル118F』

ばんぱく

ばんぱく

以前、当ブログで紹介した『バーンズ/リビングデッドシンキングスペシャル』のフローティング&サイズアップモデルとも言える

                LDS118F2

『バーンズ/リビングデッドスペシャル118F』

より正確を期すなら、オリジナルモデルであるハンドメイドルアー『ヴァンパイア』のインジェクションモデル『リビングデッドスペシャル102F』のサイズアップ版ということになるんですかね

たしか今から十年くらい前に、上野の『スーパーブッシュ』でワゴンセール状態で売られていたのを、比較的安く購入した覚えがあります

                ベントミノ-convert

画像の2つのブツがそれなんですが、このルアーを原型?(早い話、パ○リですな)として開発された『O.S.P/ベントミノー』が大ヒットしたおかげで、便乗商法的に奇跡の復刻(笑)を遂げた現行モデル版では、既に廃盤となっているカラーのようです(まあ見るからにあまり人気のなさそうなカラーですもんね…(^_^;)

ウェイトは約19グラムということなんですが、画像を見ればお分かりの通り、ボディ内部にウェイトの類いは一切入ってません。どうやらボディデザインとフックやリグのみで、浮力や全体のボディバランスを取っているようです(『ラパラ/オリジナルフローター』と同じ構造ですね

                LDS118F3

ソルトゲームの大物にも一応対応しているということで購入したのですが、ヘッドプレート(ラインアイ)を止めているネジやフロントアイに使われているヒートンの長さや太さを見ると、海のパワーファイター相手に使うのには、強度的にちょっと不安になります(想定以上に強い力が加わると、簡単に取れてしまいそうな感じです)



主な使い方は、水の流れに乗せて水面に浮かべるだけの『ホットケメソッド』や、トゥイッチやショートジャークを多用した『デッドリーベイトアクション』が基本
要するに死にかけの小魚を如何にして演出するかがキモのルアーってことです。流石は『元祖デッドリーベイト』

特にこれからの秋の落ち鮎シーズンには、活躍が期待できるルアーの一つではないでしょうか?

                LDS118F1

因みにこの『リビングデッドシリーズ』、中~大型スナップの使用を前提として最初から設計されているため、使う際には、スナップの用意を必ずお忘れなく(ライン直結やループノットは御法度だそうです)

あと本来のフックサイズは『#4』がデフォルトなのですが、自分は前後ともに『#2』にサイズアップして使っています(ランカーサイズへの対策と、浮力を幾分か抑える意味で)

【本日のオススメ★オタッキーソング】
この曲は当時、CDシングルを買ったくらい好きだったなー

【F -エフ- ED 蛎崎 弘+"r"Project/邪魔はさせない】

リビングデッドスペシャル118F バーンズ ヴァンパイア 首藤武蔵

関連記事
最終更新日2018-07-10
Posted byばんぱく

Comments 2

There are no comments yet.
FJ  
No title

これ復刻してたんですね~。
昔、気になって、よく行ってた店で手にとって見てました。
流れに乗せて流していく釣り、面白そうですね。
やってみたい場所があるので、ちょっと欲しくなりました。
これも中古捜索リストへ記入しておきます(笑)

2010/09/22 (Wed) 12:26 | EDIT | REPLY |   
ばんぱく  

> FJさん

> これ復刻してたんですね~。
> 昔、気になって、よく行ってた店で手にとって見てました。
> 流れに乗せて流していく釣り、面白そうですね。
> やってみたい場所があるので、ちょっと欲しくなりました。

基本的な使い方は、追加した動画を見ていただくと分かりやすいかと思います。但し、このルアー、意外と中古ショップには出回っていないんですよね。今ならコイツよりも、ベントミノー106の方が、入手は却って簡単かもしれません

2010/09/22 (Wed) 22:47 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply