Welcome to my blog

『ウォーターランド/テクノソニック』

ばんぱく

ばんぱく

『僕は他の有名バスアングラーみたいに難しいテクニックを使った釣りはできません。だから、ただ投げて下さい。巻いて下さい。それだけで充分、バスが釣れちゃいますから』

そう言って、今じゃすっかり『マスの管釣りオヤジ』となってしまった、王様こと村田基さんがかつてリリースしていたのが

                 TechnoSonic2

『ウォーターランド/テクノソニック』

いわゆる『バイブレーションプラグ』ですが、『ソニックシリーズ』の中でも、コイツは金属板をソリッド樹脂でサンドイッチしたという変わり種タイプ

                 TechnoSonic1

使われている金属板も『アルミプレート』『ブラスプレート』の二種類があり、使われている金属板の材質によってアクションが異なっていたような記憶があります(たしか『アルミプレート』がワイドなパタパタ系アクションで、『ブラスプレート』がタイトなヌルヌル系アクションだったかな?)

オリジナルは73ミリ、22グラムというなかなかヘビー気味なウェイト設定なのですが、画像のブツは『ミニテクノソニック』という一回り小さいモデル(ウェイト12.5グラム)。より日本の釣り場にマッチしたサイズと言えるのではないでしょうか?

使い方は冒頭でも述べたように、『超ロングキャストして、ファーストリトリーブでガンガン巻くだけ』という極めて単純明快なもの。コイツに関しては、『リフト&フォール』などの小細工はどうやら一切いらないようです

                 TechnoSonic3

現在は原材料費の高騰などの様々な影響で、たしか『ソニックシリーズ』自体が『スピンソニック』『キャンディスピンソニック』『プチスピン』を除いて、生産中止になっていたかと思うのですが、実際のところどうなんですかね?(少なくともウォーターランドのHPには、既になかったように記憶していますが)

ただ『テクノソニック』を含めた『ソニックシリーズ』は第二次バスバブルの頃に、かなりの数が市場に出回ったようなので、比較的中古ルアーショップで見かけることも多いですね

リアルさには程遠い外見の非リアル系ルアーですが、独特のフラッシング効果で、比較的イージーにバスが釣れる国産ハードルアーの一つと言ってもいいんじゃないでしょうか?

【本日のオススメ★メジャーソング】
キング・オブ・ポップスMJ生誕記念(1958年8月29日)、哀悼の意を込めて。このPVを最初に見た時は、子供心ながらにやはり衝撃を受けましたね

【Michael Jackson - Thriller (Shortened Version)】

テクノソニック ウォーターランド 村田基 Michael Jackson - Thriller (Shortened Version)

関連記事
最終更新日2018-07-11
Posted byばんぱく

Comments 2

There are no comments yet.
FJ  
No title

鉄板を樹脂でサンド・・・最近、そういうシーバス用バイブレーションが出ましたよね。
コアマンのIP-26とかも出てくるし、鉄板系がまた流行りそうな予感。

ソニックシリーズって結構いろいろあったんだ、と今になって知りました。
普通のスピンソニックは昔持ってました。
根掛かりロストをした半年後、偶然同じ場所で根掛かりして奇跡的に再会した思い出のルアーです(笑)

2010/08/30 (Mon) 15:51 | EDIT | REPLY |   
ばんぱく  

> FJさん

> 鉄板を樹脂でサンド・・・最近、そういうシーバス用バイブレーションが出ましたよね。
> コアマンのIP-26とかも出てくるし、鉄板系がまた流行りそうな予感。

ソルトゲームの世界で最近ブレード系が持て囃されているようですね。まあ「飛距離が出る」「フラッシング効果が高い」など、元々ソルトゲームに向いているカテゴリーのルアーではありますしね

> ソニックシリーズって結構いろいろあったんだ、と今になって知りました。
> 普通のスピンソニックは昔持ってました。

ソニックシリーズは一時期はかなりバリエーションが豊富でしたよ。ただ素材が金属(アルミ)なので、原材料高騰の余波を受けて、殆ど生産中止になってしまいましたが。スピンソニックは自分も何個か所持していましたが、すべて根掛かりで無くしてしまいました つД`)・゚・。・゚゚・*:.。

2010/08/30 (Mon) 23:08 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply