『ダイワ/ザ・ミノー』

ばんぱく

ばんぱく

その後の『ダイワ』のリアル系ミノープラグ(トーナメントダイワシリーズ)の基礎を作ったとも言える

                 TheMinnow2

『ダイワ/ザ・ミノー』

国産ルアーメーカーのリアル系ミノープラグの走りとも言える国産オールドルアーですね

最も現在の国産リアル系ミノープラグと比較すると、やや色褪せた感はありますが(^_^;)

スリムボディー採用のショートリップタイプのサスペンドミノー(スローフローティングミノー)で、タダ巻きではあまり動いてはくれませんが、トゥイッチショートジャークを加えることで、プレデターに追われて逃げ惑うベイトフィッシュの姿を演出できます

                 TheMinnow1

アクションは『キビキビ系』というよりも、水中を滑るようにして移動する『ヌルヌル系』って感じですかねー

空気抵抗を生みやすい、立ち気味に設定されたショートリップに加え、全長90ミリに対して、わずか5グラムという軽めのウェイト設定、しかも固定重心ということもあり、ベイトタックルよりもやはりトラウトロッドのようなミノーイング用スピニングタックルの方が、より気持ち良く動かすには、断然向いています

画像のブツは、当然中古ルアーショップで200円という破格の値段で入手したものですが、クロームメッキ塗装のペイントロスやくすみ具合が傷付き弱ったベイトフィッシュのようで却っていい感じです

                 TheMinnow3

バリエーションとして、ショートリップではなく、小さめのプラカップが装着された『ザ・ミノーポッパー』なるモデルもあるのですが、こちらは完璧な水面~水面直下仕様で、いい感じでポップ音とスプラッシュを発生させてくれます

欠点は先にも触れた通り、『ザ・ミノー』『ザ・ミノーポッパー』どちらも表面のクロームメッキ塗装強度があまりないため、ボディ表面に簡単に傷が入りやすいことですかね

ソルトゲームに流用するなら、マイワシカタクチイワシに付いているシーバスに使うと、なかなかいい仕事をしてくれそうです

【本日のオススメ★メジャーソング】

【BOØWY/MARIONETTE】

ザ・ミノー ダイワ トーナメントダイワシリーズの先祖 BOOWY MARIONETTE 

関連記事
最終更新日2018-07-11
Posted byばんぱく

Comments 2

There are no comments yet.
twmaster  
Fも

サイズは、70mmも、ありますね。
最初にでたのは、フローティングで、後で、サスペンドは、追加されてます。
これは、アクションを付ける設定にはなってませんので、ほっとけで、という話じゃなかったかな(笑)

2010/08/28 (Sat) 20:38 | EDIT | REPLY |   
ばんぱく  
Re: Fも

twmasterさん、こんばんは。コメントありがとうございます

> サイズは70mmも、ありますね。
> 最初にでたのは、フローティングで、後でサスペンドは追加されてます。

追加情報ありがとうございます。たしか「フローティングモデルがあったような」気がしたんですが、やはり最初はフローティングだったんですね。ダウンサイジング版の存在は知りませんでした

> これは、アクションを付ける設定にはなってませんので、ほっとけでという話じゃなかったかな(笑)

一応リアルな見た目(笑)故に、使い方はホットケメソッドがメインと言う話を昔聞いたような気が・・・。ただルアーはやはり動かしてナンボのものですからね(笑)。自分はアクションを入れて使った方がいいと思います

2010/08/28 (Sat) 23:16 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply