Welcome to my blog

『STORM(ラパラ)/フラッタースティック マッドフラッシュ10』

ばんぱく

ばんぱく

『シンキングペンシル』と言えば、一昔前は選択肢も少なかったものですが、シーバスを中心としたソルトウォーターゲームにきわめて有効ということが分かり、その後各メーカーから雨後の筍の如く、競うようにして様々なバリエーションが発売されたのは、皆さんご存知の通り

さて、この『シンキングペンシル』、主にシーバスゲームでの使用をメインに発展してきたカテゴリーのルアーのせいか、その殆どが国産ルアーメーカーで開発されたものばかりなのですが、今回紹介するルアーは、数少ない舶来ルアーメーカー製シンキングペンシルの一つ

                FSM2

『STORM(ラパラ)/フラッタースティック マッドフラッシュ10』であります

『STORM』と言えば、自分たちの世代にとっては『ファッツオー』『ホッテントット』などの名作バスルアーの数々を送り出してきた、老舗舶来ルアーメーカーという認識なのですが、数年前に『ラパラ』傘下になってからというもの、ある意味迷走を続け、ここ最近発表される新作ルアーは、ソルトウォーターゲーム用のものばかりになってしまったなぁという印象があります
その殆どが純粋に『STORM』で最初から開発されたものではなく、おそらく『ラパラ・ジャパン』の主導の下に開発されたルアーなのでは?と思えるものが多いのですが…

                FSM4

この『フラッタースティック マッドフラッシュ10』を一言で現すなら『サイズアップしたヘビーデューティー仕様のソルトウォーターゲーム向けワンダー』と言うところでしょうか

                FSM1

顔に辛うじて『STORMらしさ』がいくぶん残っていますかねぇ(個人的にアイ』『3Dリアルアイ』ではなく、STORM伝統の『モールドアイ』にしてほしかったのですが)
デフォルトでは、かなりゴツい太軸の赤バリ(おそらくVMC製)が採用されていますが、フッキング率などを考えると交換した方がいいでしょう(自分は敢えて『がまかつ/シングルフック56』に交換しています)

飛距離に関しては、固定重心採用ながら『ジグミノー』並みの射程距離を誇り、やはりサーフや大河川河口といった広大なエリア向きの『シンキングペンシル』ですね

カラーパターンはソルトウォーターゲームを意識したものが中心となっていますが、個人的にお勧めするのはこのGRO

                FSM3

クリアボディ内部に極薄の『ホログラムシート』がインサートされており、あまりギラつき過ぎないフラッシング効果による程良いアピール力を生み出しています。どちらかというとナイトゲームよりもデイゲーム向けカラーと言えるでしょうか

基本的な使い方は、デッドスロー~スローリトリーブによる、S字スラロームアクションを中心としたタダ巻きオンリー。但し、デイゲームはタダ巻きだと魚に見切られやすいので、トゥイッチやショートジャークを交えて使った方がいいと思います

他メーカーの『シンキングペンシル』と比べて、比較的安価でコストパフォーマンスに優れている点がウリと言えばウリですかね

フラッタースティック マッドフラッシュ10 ストーム ラパラ シンキングペンシル

関連記事
最終更新日-0001-11-30
Posted byばんぱく

Comments 2

There are no comments yet.
KATTY  

おはようございます☆

僕はフラッタースティックこのカラーとイワシの2つ所有してます

浮き上がりが早いのがどうも苦手で、釣り場に持っていく回数も減ってしまいましたが

実はこいつで釣りたい!って思ってるルアーでもあります☆
ちょっとこの記事見て、またローテーションに入れようかなって思いました

2010/07/21 (Wed) 08:54 | EDIT | REPLY |   
ばんぱく  

KATTYさん、こんばんは。初コメントありがとうございます

> 僕はフラッタースティックこのカラーとイワシの2つ所有してます
> 浮き上がりが早いのがどうも苦手で、釣り場に持っていく回数も減ってしまいましたが
> 実はこいつで釣りたい!って思ってるルアーでもあります☆

シンキングペンシルと名は付いているものの、中には浮き上がりやすくて実は表層系ルアーというものも多いですからね。自分はこの手のシンキングペンシルは、超デッドスローリトリーブ(1~2秒の間にハンドル半回転~1回転)&ドリフトのみで使うか、もしくは表層系ルアーと割り切って、そういうシチュエーションでしか使わないことが多いです

2010/07/21 (Wed) 20:37 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply