Welcome to my blog

『ダイワ/T.D.スーパーバイブジグ』

ばんぱく

ばんぱく

いわゆる『ヘドン/ソナー』などのメタルバイブの流れを汲む

               TDSVJ1

『ダイワ/T.D.スーパーバイブジグ』

一番の特徴は、一般的なメタルバイブが金属のみでボディが構成されているのに対し、ウェイト+金属製フレームに樹脂素材を組み合わせた『ハイブリッドボディ』であること

そのためメタルバイブでありながら、リアルな造形と高比重の実現に成功しています

薄くて小粒ながらもウェイトが18グラムもあるため、ベイトタックルで投げても、遥か彼方までカッ飛んでいきます

               TDSVJ2

ラインアイが2つあり、レンジとアクションを変えられるという事なのですが、使ってみた感じでは、正直大差ない気がします ┐(゚~゚)┌

それよりも、このラインアイとフックアイの穴が小さすぎて、使えるスナップやスプリットリング、フックの大きさが限られる事の方が大きな問題

               TDSVJ3

メタルバイブと言えば、根がかりを防ぐためのダブルフックチューンが常套手段ですが、このルアーに関してはフックアイが小さすぎて、それすら行う事ができません

あと前傾姿勢がキツすぎて、遊泳姿勢が殆ど立ち泳ぎに近く、思ったより巻き抵抗が重いため、パワーのないタックルだと、扱いがちょっと厳しい面があります

しっかりとしたフィールドテストを行っていれば、このような欠点はすぐに気付くと思うのですが…

そのためでしょうか、発売されてから割と短期間で、すぐに廃盤となってしまいました

               TDSVJ4

発想は良くても、実用性が伴わなければ意味がない事を表したルアーと言えるかも知れません

アイの大きさを修正し、ボディ後部にもウェイトを配置してバランスを取り、水平気味に泳ぐように改良すれば、シーバス用ルアーとして売れたと思うのですが…実に勿体ない話です

T.D.スーパーバイブジグ ダイワ メタルバイブ

関連記事
最終更新日-0001-11-30
Posted byばんぱく

Comments 2

There are no comments yet.
さそり君  
ダメルアーの代表

このルアーのラインアイですが後方過ぎませんかね。

僕も以前、中古で一つだけ入手したんですけど「泳ぎ姿勢」が気に入らなかったのでお蔵入りにしてしまいました。

ダイワではあれを正とするんですかね?
僕には理解しがたいです。

2010/03/18 (Thu) 19:26 | EDIT | REPLY |   
ばんぱく  
Re: ダメルアーの代表

さそりさん、こんばんは。コメントありがとうございます

> このルアーのラインアイですが後方過ぎませんかね。

あらゆる点でバランスが破綻しているルアーのような気がします
遊泳テストをロクに行なっていないのではないでしょうか

> 僕も以前、中古で一つだけ入手したんですけど「泳ぎ姿勢」が気に入らなかったのでお蔵入りにしてしまいました。

どちらのラインアイにセットしても、ほぼ立ち泳ぎですからねー(笑)

> ダイワではあれを正とするんですかね?
> 僕には理解しがたいです。

おそらくダイワも分かっていて、短期間で廃盤にしたのでは?現行の
『S.W.バイブジグ』は『T.D.スーパーバイブジグ』の欠点をすべて解消
しているようですが

2010/03/19 (Fri) 00:24 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply