性能重視か個性重視か

ばんぱく

ばんぱく

ここ数年、日進月歩のスピードで進化していく、ロッド&リールを中心としたルアータックル(最も最近は、進化の袋小路に入りつつありますが…)

純粋に性能のみを追求するのであれば、国産二大釣り具メーカーや国産メジャーメーカーの最新鋭ハイエンドモデルを購入すれば間違いないのは、ある意味事実

それでなくても日本のユーザーは、世界的に見ても、最新鋭ハイエンドモデルのタックルが大好き(『メイド・イン・ジャパン』であれば、なお良し

事実、釣り雑誌の記事やフィッシングトーナメントなどを見ても、みんな同じようなハイエンドモデルか、少し下のグレードのルアータックルを使っている方が多いですしね

ところが性能が全てでないのが、趣味の世界の面白いところ

中には、オールドカーディナルオールドミッチェル、或いは舶来のペンフィンノールなどに、国産最新鋭ハイエンドモデルにはない、ある種の価値観や格好良さを見出して、敢えて愛用しているアングラーもいる訳で

自分はひねくれた感性の持ち主なので、どちらかというと、後者の方にシンパシーを覚えてしまいます

やっぱり性能のみを重視せず、自分なりの拘りを持ったスタイルを貫いているアングラーは、端から見てもカッコいいですよね

まあ使っている本人が納得しているのであれば、周囲がとやかく言うことでもないんですけどね

性能重視 個性重視 ルアータックル

関連記事
最終更新日-0001-11-30
Posted byばんぱく

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply