Welcome to my blog

耐衝撃性重視?なガイドセッティング

ばんぱく

ばんぱく

今までも何回か当ブログで取り上げた、『ガイドリングネタ』

ルアーフィッシング、特にソルトウォーターゲームに於いては、使われるメインラインが『ナイロンライン』から、リールやロッドにより高い負担をかける『PEライン』に変わったのがある意味トドメとなり(笑)、現在では『硬度』『放熱性』において、『SICリング』こそがベストとされ、国産ルアーロッドの殆どは、フレッシュウォーターゲーム・ソルトウォーターゲームを問わず、『SICリング』を採用しているモデルが殆どです

但し『硬度』があるということは、反面『脆い』ということでもあり、ちょっと硬い物にぶつけたりすると、あっけなくリングが欠けたり割れたりするのが、『SICリング』の欠点と言えば欠点

この『欠けやすさ』『割れやすさ』の問題に関しては、『ハードロイ系ガイドリング』『ゴールドサーメットリング』の方が、『SICリング』より分があるのですが、日本のガイドリング市場をほぼ独占している富士工業』的には、商品の利益率・総合性能を考慮すると、やはり『SICリング』『チタンフレーム』と組み合わせて一番無難かつ利益の出る商品であり(笑)、今後『SICリング』より、高性能かつ利益率の高い新型ガイドリング(笑)が作られない限り、しばらくは富士工業』の主力商品として在り続けるでしょう(実際のところ、国内では、現在『ハードロイ系ガイドリング』は、申し訳程度に販売されているだけですし…)

個人的には、海外のハイグレードモデルに採用されている『アルコナイトリング』『SICリング』と並行して、富士工業からユーザー向けに販売してほしいのですが、どうやら国内では、何故かほぼ取り扱っていないようで…

となると、国内で簡単に入手できるガイドリングで、なおかつ『ガイドリングの耐衝撃性』を一番に考慮してガイドセッティングすると、キャスティング時のメインラインによる加重と摩擦抵抗が一番かかるトップガイドのみ『SICリング』、残りは『ハードロイ系ガイドリング』にするのが、一番理に叶っている気がします

実際に『ソルトウォーターゲーム用ルアーロッド』の中でも、一部の『エコノミーモデル』では、既に採用されていますしね

因みにこのセッティングで『PEライン』を使っても、まったく差し支えないそうです(『ガイドリング』にかなりの負担をかけると思われる、『ショアジギング用ルアーロッド』にも、トップガイドのみ『SICリング』のガイドセッティングが採用されていることからも、その事が伺えます)

ガイドリング SICリング ゴールドサーメットリング ハードロイ系ガイドリング ガイドセッティング

関連記事
最終更新日-0001-11-30
Posted byばんぱく

Comments 2

There are no comments yet.
SK  
No title

自作派アングラーにとっては、
ハード系リングが自由に選べないというのは
深刻な問題です。

ハードリングの方が
ローコストかつ割れにくく実戦的なのに。

トップガイドSiCリング、それ以外ハード系リングというセッティングで
特に不自由なく釣りができると思います。
(非ライトラインでバスやスズキをやる場合は、ですが。)

2010/03/01 (Mon) 22:12 | EDIT | REPLY |   
ばんぱく  

SKさん、こんばんは。コメントありがとうございます

> 自作派アングラーにとっては、
> ハード系リングが自由に選べないというのは
> 深刻な問題です。
> ハードリングの方が
> ローコストかつ割れにくく実戦的なのに。

結局は「会社にもたらす利益」が最優先なんでしょうね。ハード系リングは
どうしてもSICと比較して、利益率が低い商品ですから
特に日本市場は海外と比較して、ユーザーも高級志向の特殊な市場ですし…

> トップガイドSiCリング、それ以外ハード系リングというセッティングで
> 特に不自由なく釣りができると思います。
> (非ライトラインでバスやスズキをやる場合は、ですが。)

よほどフィネスなセッティングのタックルでもない限り、自分もそれで問題ない
と思います

2010/03/01 (Mon) 23:01 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply