Welcome to my blog

『バスデイ/シュガーミノードリフトトゥイッチャー85S』

ばんぱく

ばんぱく

『リバーシーバスゲーム』において、いつも使っているシーバス用ルアーが状況により、使い物にならなくなる時があります

それは増水などによって、一時的に川の流れが著しく激しくなった時

こうなるとルアーをキャストしても、ルアーがポイントからあっという間に流されたり、ルアー自体が激しい流れによって暴れてしまい、まともにアクションしなくなってしまうことがあります

こんな時、役に立つのが本流のトラウト攻略用に開発されたルアーの数々。特にミノープラグは、激しい流れの中でもちゃんと泳ぐように設計されているものが多いため、上記のような状況の時には、何かと重宝します

そんな本流トラウト攻略用ミノーの傑作の一つが

               SMDT1

『バスデイ/シュガーミノードリフトトゥイッチャー85S』

フローティングミノーではなく、サスペンドに極めて近い固定重心採用のシンキングミノーです(重心移動ではなく、敢えて固定重心を採用したのは、おそらく立ち上がりの早さを狙ってのものなんでしょうね)
画像のブツの表面塗装がボロボロになっているのは、ボートシーバスでの穴撃ちゲームにおいて、自分がかなりの頻度で使い込んでいるから

               SMDT2

それだけ使いやすく、信頼性・汎用性の高いミノープラグということです

リップには、強い流れの中でも、水を確実に噛んでアクションする『オフセットリップ』を採用。使う前は『オフセットリップ』の根元の強度が何となく不安だったのですが、『穴撃ちゲーム』でいくら酷使しても、まったく折れないところを見ると、ちゃんと衝撃に耐えうるだけの強度を確保しているようです

               SMDT4

また、主にサクラマス狙いで使われているミノープラグだけのことはあり、どんなに強い流れの中でも、『タイトウォブリング&タイトローリングアクション』で余裕で泳ぎ、更に連続トゥイッチなどのイレギュラーアクションを加えても、ルアーが不自然に水中で暴れることがありません
ルアー名の通り、ドリフトさせて使っても良く、完成度の高さは折り紙付きです

『85S』以外にも、3つのサイズ(『50S』『70S』『100S』)があり、ターゲットや魚の状況に応じて、使い分けが可能です

欠点は他のバスデイルアーの例に漏れず、若干値段が高いこと。そのため、自分は中古ルアーショップで探して購入するようにしています(なかなか売ってませんけどね…)

               SMDT3

これだけ流れに強いミノープラグだと、『リバーシーバスゲーム』だけでなく、磯のヒラスズキゲームに使ってもいいかも知れません(サラシの中でも、おそらく余裕で泳ぐと思います)

シュガーミノードリフトトゥイッチャー85S バスデイ 本流トラウト攻略用ミノー

関連記事
最終更新日-0001-11-30
Posted byばんぱく

Comments 2

There are no comments yet.
FishingJunkie  
No title

なるほど!トラウト用ミノーですか。
確かに河川だと流れがキツイ状況ありますもんね。
本流トラウト用ミノーなんて、釣り具店で見たことがないですねぇ。
僕がいつも行ってる大型のルアーショップでも・・・。
見逃してるだけかもしれませんが。

2010/02/15 (Mon) 12:08 | EDIT | REPLY |   
ばんぱく  

FishingJunkieさん、こんばんは。コメントありがとうございます

> 本流トラウト用ミノーなんて、釣り具店で見たことがないですねぇ。
> 僕がいつも行ってる大型のルアーショップでも・・・。
> 見逃してるだけかもしれませんが。

トラウトルアーコーナーにおそらく置いてあると思いますよ
でも地域性もあるかもしれませんね
自分が住んでいるのは海なし県なので、冬場は特にトラウト
ゲームが盛んなのも影響しているのかも

2010/02/17 (Wed) 00:24 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply