150m巻きライン

ばんぱく

ばんぱく

自分がリールに巻くメインラインを購入する際に、基準としている糸巻き量です(バルクラインは除く)

ラインの種類を問わず、基本的に最低でも150mはリールのスプールに巻くようにしています

               シルバースレッド ソルトウォーターPE

特にショアからの青物や、遠投が必要とされるような場所でのオカッパリのソルトゲームでは、メインラインの量は150mくらいは必要かなと個人的には思っています

ナイロンラインやフロロラインはそうでもないのですが(2、3回ほどの使用でラインをすべて巻き換えるため)、PEラインは不意のライントラブルも多く、基本的に釣行毎に数mずつ先端をカットしながら長期間使っていくことが多いため、これくらいの量は巻いていないと直ぐにラインが短くなって、実質的に使いものにならなくなってしまう気がします
下巻きの量を増やすという手もあるのですが、主に同じ太さのナイロンラインを下巻きに使っている関係上、使っているPEラインが細いほど、万一メインラインをすべて魚に出された際に、ライン強度の違いにより、ラインブレイクに繋がる危険性があるため、やはり下巻きを除く糸巻き量は少なくとも100m以上は最低限必要でしょう(アオリイカやメバルなどのあまり走り回らない魚や、飛距離をそれほど必要としないポイントで毎回使うのであれば、100m以下でも充分ですが)

PEラインをメインラインに使う場合、本当は下巻きにも同じ号数のPEラインを使うのが理想なのですが、安くなったとは言っても、他のラインと比べれば、PEラインはまだまだ高価
最近は使い古した傷の入っていないPEラインを下巻きに再利用するなどして、ライン代の節約に努めています(笑)

この時、直接スプールにPEラインを巻くとスプール上でラインが滑って、テンションがかからずにしっかりとスプールに巻かれない事があるため、その対策として短くても構わないので、自分はPEラインより滑らず、結束力の高いナイロンラインの下巻きを必ず少し入れて、PEラインがスプール上に緩んだ状態で巻かれないように対処しています

150m巻き 糸巻き量 PEライン

関連記事
最終更新日-0001-11-30
Posted byばんぱく

Comments 2

There are no comments yet.
バッカス  
No title

私もシーバス、青物は150mですね。
欲を言えばメバル用でも安価で150ⅿライン出して欲しいです・・・。

2010/01/11 (Mon) 05:13 | EDIT | REPLY |   
ばんぱく  

バッカスさん、こんばんは。コメントありがとうございます

> 欲を言えばメバル用でも安価で150ⅿライン出して欲しいです・・・。

ナイロンだと比較的安価ですが、メバル用PEだとやはり高いんでしょうね
PEは細ければ細いほど高価ですし…

2010/01/11 (Mon) 22:02 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply